2017年4月25日 (火)

結果は惨敗?もしくは圧勝?

こんなニュースを発見しました。

勝谷誠彦氏、兵庫県知事選に出馬の意向 無所属で
http://www.asahi.com/articles/ASK4T5SXSK4TPIHB03K.html?iref=comtop_latestnews_02

確かに兵庫県出身だし、知名度は高いし、政治にも精通してるから兵庫県知事選に立候補したとしてもおかしくないですが、何といっても言動に相当問題アリですよね、この人は…。
何度もその過激なコメントで、コメンテーターを務めていた番組を降板(=クビ)になってるのは多くの方がご存知の通りです。また、明らかに事実を誤認しているコメントもありました。実際、「過去にニートだった時期がある」と発言したある人物について、「彼は学校に行ってたんだからニートじゃない」と何とも的外れなコメントをしたことがあるし。
Yahoo!ニュースのコメント一覧では、勝谷の出馬に否定的な意見が相次いでおりますが、おそらくこれが世間の一般的な反応でしょう。私自身も「この人は知事に向かない」と思っていますから。

結果はどうなるでしょうか。世間の否定的な反応がそのまま結果に表れる(=惨敗)、もしくは予想を覆して圧勝になるか。勝ったとしたら、間違いなく知名度が高かったための結果といえるでしょう。

かつて私は兵庫県民でした。もし今も兵庫県民だったら、確実に勝谷には票を入れないです。
今は大阪府民なので、投票できないのが惜しいcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月24日 (月)

2週連続通常放送の『Qさま』

テレビ朝日のバラエティ番組『Qさま』。
毎週月曜日午後9時から1時間の放送となってますが、実際は特番形式で放送されることがほとんどで、通常の1時間放送の方が少ないという、極めて稀なテレビ番組です。
その『Qさま』が珍しく二週連続で1時間枠で放送されます。放送は今月24日(つまり今日ですね)と来月1日。テレ朝の番組表を見て、「おや、こりゃとても珍しい」と思いました。それぐらい稀な出来事なんですよsmile

放送時間でこれだけばらつきのある番組は、本当に珍しいでしょうね。ギネスブックに載ってもいいんじゃないか?と思ってます。もう結構長く放送されてるし、そうなってもおかしくなさそう。

まぁ、ばらつきがあるからこそ、ずっと人気番組の地位を保っているとも言えるでしょう。通常の1時間では物足りないと思っている視聴者もいそうだし。

いっそ、もう1時間枠では放送しないでくださいと言っちゃおうかなー。ヘンなお願いですがcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月23日 (日)

新世界で見つけた明石家さんまの看板

Cbaklau0aazjvc
↑は昨日、大阪の歓楽街・新世界(大阪市浪速区)で見つけた看板です。
ご覧の通り、明石家さんまが写っています。推定35年前でしょうか。さすがに若いですねーhappy01当時、さんまがイメージキャラクターを務めていたサントリービールの看板です。
調べてみると、同じ写真を使ったテレホンカードやTシャツも存在しました。ということは、この看板は結構な数が日本全国に流通していたのではないかと思われます。

こうして見ると、さんまは若き日から歯が出ていたんですねー。当たり前ですがcoldsweats01

写真は撮ってませんが、他にも新世界のとある場所でホーロー看板を見つけました。おそらく、探せば他にも昭和時代に作られた看板があるのではないかと思います。
これらの看板、いかにも昭和時代の面影を残している新世界らしいアイテムと言えます。また見つけたら、写真を撮ります!

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

【CM】パチンコドンキー

定番の北海道ローカルCMネタです。今回はこちら。

札幌市のパチンコ店「ドンキー」のCMです。
最初はバスケットボールの選手がドリブル、シュートをしているだけ。一見、何のCMかはわからないですが、中盤に選手の持つボールがパチンコ玉に変身します。そして、パチンコ店の名前が大きくテロップで表示されることにより、パチンコ店のCMであることが判明するという内容です。最後にはドンキーのオリジナルCMソング(♪Welcome donkey~)が流れます。
もっとも、よく見ると選手のユニフォームに「DONKEY」のロゴマークがありますね。ドンキーを知る人ならば、すぐ気付けるでしょうhappy01

ドンキーのCMはいくつか見ましたが、上記のCMは記憶になかったです。覚えているのはドンキーのお店の外観が映るもの、そして前述のCMソングです。CMの内容は覚えてなくても、曲だけは覚えている道内在住者もいるのではないかと思います。覚えやすいメロディーでしたから。

パチンコ「ドンキー」は、上記のCMのテロップにもあるように道内に複数の店舗が存在しましたが、今は1店舗しか存在しません。
更には唯一の店舗も別のパチンコ店となっており、ドンキー自体は消滅してしまいました。よって、もうドンキーのCMを見ることはできないのです。
もはや再放送の機会もないでしょうから、今となってはCM動画を所持している方がネット上にアップしてくれるのを待つしか見る方法はないですねー。
「北海道ローカルCM全集」みたいなDVDが出ないかなー?

| | コメント (0)

2017年4月21日 (金)

『釣りバカ日誌』シーズン2始動

本日より放送が始まったドラマ『釣りバカ日誌 Season2 ~新米社員 浜崎伝助~』(テレビ東京系)。
このドラマは2015年10月よりシーズン1が1クール放送されました。これが大好評を博しました。今年の正月に2時間特番が放送され、そちらも大好評。そして、特番に次いで放送されることとなったのがシーズン2なのです。
さらに関係が深まったハマちゃん(濱田岳)とスーさん(西田敏行)。今日放送の第1話は、スーさんのライバルが登場、共にハマちゃんを巡って大騒動となるという流れでした。更にはハマちゃんとみち子さん(広瀬アリス)の関係にも微妙な変化が…。本作のストーリーの主軸はほぼこの2つの関係です。これを巡って騒動が起こるというのがお約束ですねsmile
ただ、騒動が起こっても、ほぼ確実に一件落着します。現実世界でも同じようになってくれたらいいのになぁcoldsweats01

『釣りバカ~』の特徴といえば、とにかく笑えるシーンが多いということ。もともと原作がコメディですから、そうなるのは必然的とはいえ、面白すぎ。下手すれば、本職の芸人が演じるコントより面白いかも?と思えるぐらいです。かつて西田がハマちゃんを演じていた劇場版も同様です。

おそらく、このシーズンもずっと笑えるシーンのオンパレードなのでしょう。これでストレス解消しますhappy01

| | コメント (0)

2017年4月20日 (木)

今年もやってました:「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」

先日、大阪市営地下鉄に乗車した際、車内広告にて今年も「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」が開催されていることを知りました。
「PiTaPa優待観戦デー」とは、京セラドーム大阪で行われるプロ野球、オリックス・バファローズの試合のチケットをOsaka PiTaPaカードで購入すれば、通常料金より安く購入できるというキャンペーンで、ほぼ毎年開催されています。いつもこのキャンペーンを利用して、プロ野球観戦をしています。
今年もやるのかなーと思っていた矢先、車内広告を発見しました。「よーし、これでゴールデンウィーク中の行事が一つ決まったぞー」と思いました。5月6日もしくは7日の北海道日本ハムファイターズ戦を観に行くつもりです。もしその2日がダメなら、その次の週(13日か14日)の埼玉西武ライオンズ戦にします。

やはりスポーツは生で観るのが一番ですね。仮にチケット売り切れなどで試合が観れなくても、すぐそばにあるイオンモールやスーパービバホーム(ホームセンター)に行けるし。
せっかくなので、この時にイオンモール内のジーユーに行って、例のコカ・コーラのシャツを買ってこようと思っています。

「大阪市交通局PiTaPa優待観戦デー」の詳細は↓をご覧ください。
http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00000114.html

| | コメント (0)

2017年4月19日 (水)

ゴールデンウィーク中に開催される「餃子フェス OSAKA 2017」

今日の定時後に社用で乗車した大阪市営地下鉄。その駅で↓のイベントの開催を知りました。

餃子フェス OSAKA 2017

https://www.gyo-zafes.jp/osaka2017

その名の通り、餃子のフェスティバルであり、これまで東京都内で開かれておりましたが、今年のゴールデンウィーク中に大阪でも開催されることとなりました。
「餃子フェス」と題されているとあって、どこもかしこも餃子ばかり。餃子を専門に扱うお店から、幅広く中華料理を扱うお店も出店されるとのことで、餃子好きにはたまらないイベントでしょうね。
かくいう私も餃子は大好物。ぜひ行きたいところです。都合がつけば、足を運ぶつもりです。

今はなくなってしまいましたが、かつて大阪市北区に「餃子スタジアム」という専門の施設がありました。
この施設が営業している時は、全く餃子に興味がなかったので、足を運ぶことはありませんでした。今だったら、間違いなく足を運んでいたでしょう。
なぜあの時、餃子が好物ではなかったのか?と後悔しておりますsweat02

さて、ゴールデンウィーク中「餃子フェス」に足を運んでいるでしょうか。当ブログに何も記事があがってなかった時は、「行かなかったんだ」と思ってくださいcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月18日 (火)

5年ぶりの刊行となる赤川次郎のショートショート集

今年2月に刊行された赤川次郎の『招待状』(光文社文庫)。一言で言えばショートショート(ごく短い小説のこと)集であり、全27編が収録されています。
赤川のショートショート集が刊行されたのは実に5年ぶり。2012年に同じく光文社文庫より刊行された『指定席』以来となります。
近年は杉原爽香シリーズ以外の赤川作品はほとんど手に取ってない私ですが、『招待状』は読んでおくつもりです。赤川のショートショートはとても楽しく読めるのでhappy01
実は初めて読んだ赤川の作品がショートショート集でした。これが実に面白く、笑いがあれば感動もある。非常に短いながらもきちんとしたストーリーが構成されていることに感心しました。それ以降、ショートショート以外の赤川作品も読むようになりました。が、前述の通り近年は一つのシリーズを除いて、ご無沙汰状態です。なんせ作品数が多い(すでに600作を突破している!)ので、全部読んでいたら他の作家の作品を読めなくなりますからcoldsweats01

すでに刊行から二ヶ月が経過していますが、まだ入手していません。まぁ、すぐに絶版になることはないだろうし、店頭で入手できなくなったらアマゾンで買えばいいので、焦ることはありません。
少なくとも年内には入手できるでしょう。

今度のショートショート集では、どのようなドラマが繰り広げられているのでしょうか。読むのが楽しみだなー。

| | コメント (0)

2017年4月17日 (月)

CD鑑賞記 ザ・カバーズ ~ジャズ・スタンダード~/フランク永井

2014年に発売された二枚組企画アルバム『ザ・カバーズ ~ジャズ・スタンダード~』。
歌手・フランク永井が生前にカバーしたジャズ・スタンダード全50曲という、ボリューム感たっぷりのアルバムです。
一般的に、「フランク永井=ムード歌謡の歌手」というイメージがあると思いますが、もともとの原点はジャズであり、歌手としてのデビューもジャズのカバー(「恋人よ我に帰れ」本作にも収録されています)でした。本作はその証明とも言えます。
収録されているのは「ムーン・リバー」、「テネシー・ワルツ」、「トゥー・ヤング」、「夜のストレンジャー」、「サン・トワ・マミー」、「枯葉」などなど。まさにジャズ・スタンダードであり、それらを流暢な英語(※)で歌っております。それに加えて、フランク最大の持ち味である低音。もう何も言うことはないですね。
※フランクは歌手デビュー前に進駐軍のクラブ歌手をしていたため、英語に堪能でした
二枚ともラストはライブ音源となっています。MCも収録されているのですが、軽妙なトークを披露しています。これも今となっては貴重な記録でしょうね。

収録曲だけでなく、ジャケットに写る白いタキシードを着こなした姿やブックレットの裏カバーに写る愛犬とたわむれている姿も素敵です。とても幸せそうな表情をしています。
こんなにいい表情をしていながら、後に自殺未遂をするのですから、人の人生ってわからないものですね…。

話はそれましたが、本当にいいアルバムです。これぞ極上のジャズボーカル集と言っていいでしょう。
ジャズは昔から好きですが、なんとなくジャズボーカルは敬遠していました。しかし、本作を聴いたことにより、ジャズボーカルの魅力を知ることができました。
いずれはフランク永井以外のジャズボーカリストも聴いてみます。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

引退示唆が現実になるかも…?

心配なニュースが入ってきました。

桂歌丸 肺炎で入院 寄席休演 20日まで 国立演芸場4月中席
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/16/kiji/20170416s00041000326000c.html

ここ数年間、歌丸師匠は入退院を繰り返しています。そのために寄席だけでなく、レギュラー番組『笑点』(日本テレビ系)の収録を欠席することも多くなっていました。
昨年に『笑点』のレギュラーを卒業していますが、卒業の際に落語家としての活動は続行することを明言していました。しかし、その後も寄席を欠席することが続いております。
その歌丸師匠は少し前に引退を示唆する発言を残しています(詳細はこちら)。なんかそれが現実になりそうな気配ですね…。これだけ入退院が繰り返されているのですから、引退されたとしてもおかしくないし。

歌丸師匠の今後の動向に要注目です。

| | コメント (0)

«映画『レゴバットマン ザ・ムービー』鑑賞会