2020年9月26日 (土)

ブラックキャップの効果が分かる動画

ゴキブリの駆除剤の一つ「ブラックキャップ」(アース製薬)。スーパーやドラッグストアで市販されているゴキブリの駆除剤の中では、特に効果が高いと評価されております。
私自身は2013年から使っており、1年に2回ほど買い替えています。

今日、その「ブラックキャップ」を買い替えました。二日ほど前に浴室で大きいゴキブリを見かけ、今置いているブラックキャップはすでに効能が切れていることがわかったからです。なお、そのゴキブリは浴室ということで、熱湯をかけて駆除しました。
新しいブラックキャップに置きかえた後、ふと「実際に駆除されている様子を見てみたい」と思いました。まず、その様子を肉眼で見ることはないので、一度見たくなったのです。
YouTubeで「ゴキブリ ブラックキャップ」と検索したところ、以下の動画を見つけました。

 

同じく駆除剤である「ゴキブリ用コンバット」(キンチョー)と比較する内容ですが、効果がとてもわかりやすく映し出されており、「なるほどー」と納得できましたね。
やはり、市販の駆除剤ではブラックキャップが一番効果が高そうです。

余談ですが、ゴキブリが出没する前は、アリに悩まされていました。
アリの駆除で最初に使ったのがアリ用コンバットでしたが、あまり効果がありませんでした。よって、「アリキンチョール」に変えたところ、すぐに効果が出たので、それ以降のアリ駆除はアリキンチョールになりました。
どうもコンバットとは相性が悪いようです💦

| | コメント (0)

2020年9月25日 (金)

年末年始は世界最強タッグ三昧かも?

以下は数日前に見つけた動画です。


 


全日本プロレスが毎年12月に開催している「世界最強タッグ決定リーグ戦」の動画で、上記の動画は1992年の大会の模様です。
ちょうどプロレスを一番観ていた時期で、当然のことながら観たことのある試合ばかりですが、胸が熱くなりましたねー。
さすがに28年前とあって、引退もしくは逝去されたレスラーも多いです。

上記の動画は、かつてビデオカセットで発売された『世界最強タッグ列伝』からの抜粋です。
ビデオ1巻に3年分の「世界最強タッグ」の模様が収録されており、計6巻発売されました。後にこれら6巻の映像+ビデオ化されていない年の「世界最強タッグ」の模様を収めたDVD-BOX『全日本プロレス中継 世界最強タッグ列伝 1977-1999』が2008年に発売されました。当然のことながら、上記の動画も収録されています。現在も入手可能ですので、ぜひこれを買って、年末年始のアイテムにしようと考えています。

DVDに登場するレスラーはジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、長州力、三沢光晴、川田利明、小橋健太、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ、タイガー・ジェット・シン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、アンドレ・ザ・ジャイアントなどなど、プロレス界のレジェンドばかり。彼らの激闘を一気に観ることができます。

例年ならば海外ドラマ三昧になりますが、今度の年末年始はプロレス三昧になるかも?です。

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

次のスマホはiPhone SEかも?

長く使っているスマートフォン「iPhone 6」。
まだまだ現役ですが、さすがに5年経過しているとあって、ちょっとガタが来ているように思え、また時代遅れな感もありますね💦

現時点で買い替えは全く予定なしですが、もし次に買うならば、今年4月に発売された「iPhone SE(第2世代)」が有力ですね。なぜなら、今使っているiPhone 6とサイズがほぼ同じであり、更には本体価格もお手頃だからです。
できるだけ、お得に買いたいので、iPhone SEが割引やキャッシュバックの対象になってからにするつもりです。となると、買い替えは最低でも来年になるでしょうねー。
iPhone SEの前に発売されたiPhone 11がまさに今買い替え割引のキャンペーン中なのですが、11はサイズが大きめで本体価格もSEより高いので、やめておきます😃

前述の通り、スマホの買い替えは未定ですが、買い替えた時は必ず記事にします。絶好のネタですから😃

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

遂に犯罪者になってしまったTOKIO元メンバー

昨日起きたこちらの事件、各メディアで大きく取り上げられているので、ほとんどの方がご存知でしょう。

山口達也容疑者、また飲酒トラブル…酒気帯び運転で逮捕、移送時に見せた丸刈り姿
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/23/kiji/20200923s00041000084000c.html

2年前に不祥事を起こしてTOKIOを脱退していた山口。一部の報道によると、TOKIOに復帰する計画が進行中だったそうです。それがこの事件で消滅してしまいました。
2年前同様、またも酒が原因ですので、アルコール中毒もしくは依存症の可能性も否定しきれないのでは?と思いました。

酒は百薬の長といいますが、摂取量が多過ぎると大変危険なものになります。実は自分の知っている中にも酒が原因で、堕落した人物が数名います。
そう思うと、飲めない体質で良かったと思いますね。酒造メーカーには申し訳ありませんが…。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

制覇した『ザ・ホワイトハウス』と観始めた『アンという名の少女』

今年5月から観続けてきた海外ドラマ『ザ・ホワイトハウス』をこの連休中に全て観終わりました。
このドラマは7シーズン計154話あります。最初のシーズンのみ、10年前に観てましたが、それ以降のシーズンは長らくほったらかし。しかし、コロナ渦によるSTAY HOMEの一環として再び観始め、4か月かけて全て観終えました。達成感でいっぱいですね。
このドラマ、一言で言えば「アメリカの大統領と側近による政治ドラマ」であり、登場人物たちが多くの課題を抱え、苦悩する模様を描いています。例えば大統領は難病を患っている身体なのに、国家的危機を幾度も乗り越えます。これは国は違えど、我が国の前首相も難病を抱えながら、激務をこなしていたので、現実的にもあり得る話です。
また、最終シーズンはその大統領に変わる新大統領の選挙の模様が描かれますが、様々な問題が沸き起こり、その都度大統領候補や選挙スタッフが右往左往します。これも現実的によくある話なんだろうなー。
なお、個人的にベストと思うエピソードは最終シーズンの第7話「討論会」で、実際の討論会とほぼ同じように描くため、放送日に生放送されています。生放送ということで放送時間と尺を合わせるため、スタッフは相当苦労したようですが、それが功を奏し、とてもリアルな描写となっています。

制覇したドラマがある一方で、今月から観始めたドラマもあります。それが『アンという名の少女』(原作はL・M・モンゴメリの小説『赤毛のアン』)です。
2017年にカナダにて制作・放送、19年のシーズン3をもって打ち切りとなりました。日本ではケーブルテレビで放送された後、今月からNHK総合にてシーズン1の編集版が日曜午後11時より放送されています。
『赤毛のアン』がどういう物語であるかは断片的には知っているものの、原作はおろかドラマやアニメにも触れたことがありません。そのような中、地上波で実写版ドラマが放送されるということで、ぜひこの機会にと思い、観ることにしました。
どうやらほぼ原作と同じ展開のようですね。現時点でNHKでの放送はシーズン1のみとなっているようですが、このままシーズン3まで放送してほしいと思います。今のところ、DVD化されてないようなので…。

また、しばらくは海外ドラマ三昧の日々が続きそうです😃

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

1年ぶりの「咲くやこの花館」

Img_1869


ちょうど1年前に訪れた植物園「咲くやこの花館」(大阪市鶴見区)。本日、1年ぶりに訪れました。
同じく1年前にも開催されていたイベント「虫を食べる植物展」を観るためですが、それだけでなく今回も多くの植物を観ることができ、心が癒されました。
以下、ランダムに撮影した植物の写真です。

  Img_1878 Img_1876 Img_1877

  Img_1879 Img_1870 Img_1871

  Img_1874 Img_1875 Img_1873

 Img_1882 Img_1883 Img_1886

 Img_1885 Img_1884 Img_1887

今回もバナナやキウイなど馴染みのある果物や、普段何気なく食べているバニラアイスクリームの原材料の植物などを観れました。ただ、オブジェの一つである滝は、水が止まっており、それが観れなかったのが残念でしたね。滝のオブジェが大好きなので😃
更には展示室や図書室が閉鎖されていたのも残念!多分、これはコロナ渦の影響か?と思われます。

一方、本日のみ開催されていたトークショーがあり、それも観てきました。が、ちょっと専門的な内容だったため、ほとんど理解できず💦
とはいえ、訪れたのは大正解でしたね。来年も、「虫を食べる植物展」が開催されるのなら、ぜひ足を運びたいです。

「咲くやこの花館」は花博記念公園鶴見緑地の中に存在します。せっかくの機会なので、公園内を散策したところ、「風車の丘」を見つけました。これもとてもいい被写体でしたねー。

   Img_1889 Img_1888

初めて風車を観た時は、「まるでオランダに来たようだ」と思いました😃

今回の「咲くやこの花館」訪問で、他の植物園も行きたいと思うようになり、来月に大阪市立長居植物園(大阪市東住吉区)に行こうと思っています。そちらも被写体の宝庫だろうと期待しています。

| | コメント (2)

2020年9月20日 (日)

【ゲーム】ギアギア

こんな無料ネットゲームを見つけました。

Giagia



タイトルは『ギアギア』。一言で言えば「歯車を組み合わせていくパズルゲーム」であり、全30ステージが用意されています。
ステージが進むごとに難易度が高くなりますが、その分熱中度は高いです。無事に歯車が組み合わさった瞬間は達成感と爽快感を味わうことができます。
前述したように、ステージが進むごとに難易度が高くなりますが、ヒントがある上に、どうしてもわからない場合は解答を見ることもできるので、パズルゲームが苦手なユーザーでも楽しむことができるでしょう。
一応30ステージ全てクリアしてますが、一部のステージは解答に頼りましたね。なかなかノーヒントで全ステージクリアはできないです💦

| | コメント (0)

2020年9月19日 (土)

ブログの記事通算5000件達成

本日の記事にて、当ブログの記事は5000件となりました。
ブログ開設から15年経って、達成できた数字です。4500件目の時も書きましたが、我ながらよくここまで書けたなーと思います。
まぁ、ネタはいくらでもありますからね😃

どうせなら、次は1万件を達成したいですね。となると、あと15年後か…。その時の年齢は50代前半ですから、まだ現役で働いているでしょう。あくまでうまくいけばの話ですが💦

開設した当時は、今ほどSNSが普及していませんでした。反面、今よりブログサービスが多かったです。
むしろ、今ではブログの方が時代遅れになってしまってるかも?ですね。

ココログが続く限りは、ココログで記事を書き続けたいです!

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

2か月ほど「西村京太郎月間」となりそう

今月は好きな作家である西村京太郎の新作が3冊刊行されます。以下の3作です。

十津川警部 予土線に殺意が走る(祥伝社文庫)
青梅線レポートの謎(角川文庫)
十津川警部 赤穂・忠臣蔵の殺意(新潮文庫)

更には来月も以下の3冊が刊行されます。

二つの首相暗殺計画(実業之日本社文庫)
日本遺産に消えた女(徳間文庫)
十津川警部 山手線の恋人(講談社文庫)

というわけで、2か月で西村の著書を計6冊購入することになります。この2か月間は「西村京太郎月間」となりそうです😃

まずは、最初に記した『十津川警部 予土線に殺意が走る』から手に入れます。一応、明日購入予定です。
しばらくの間、「十津川は~」、「亀井が~」あるいは「十津川と亀井は~」のくだりをほぼ毎日読むことになると思ってます。毎日、十津川警部と亀井刑事に会えるわけで、そう思うと心がウキウキします😃

なお、先日話題にした赤川次郎の新作『焦茶色のナイトガウン 杉原爽香<47歳の冬>』はまだ入手していません。『十津川警部 予土線に殺意が走る』のすぐ後に入手して読んでしまおうと思っています。

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

次回の帰省は来年2月かな…

今年1月に故郷の北海道に帰省しました。何事もなければ、次は年内の10月か11月あたりかと考えておりました。
が、ご承知の通り、世界的にコロナウイルスが大流行し、帰省どころかお隣の府県に行くのもままらない状況になりました。一応、今は行けるようになってはいますが、自主的に行くのをやめています。
とはいえ、このままずっと帰省しないわけにもいきませんので、来年2月が良さそうと思っています。2月23日は祝日で、ここをうまく利用すれば、5泊6日の日程で帰省できそうです。
いつも利用しているLCCのピーチにて検索してみましたが、まだその時期の搭乗券は販売されていませんでした。販売開始になったら、即購入してしまおうと思います。

前回の帰省の時は、初日に札幌に宿泊し、友人と会食して楽しいひと時を過ごしました。次回もぜひそれができればと思っています。
またジンギスカン食べたいです😃

↓は前回帰省時に食べたジンギスカンです。美味しかったなー

Img_1743_20200917224001

| | コメント (0)

«【CM】キリンラガービール 1988年