2019年2月19日 (火)

『グランツーリスモ』名曲集

1997年にプレイステーション用ゲームソフトとして発売、その後シリーズ化され、現在も新作が発売されている人気シリーズ『グランツーリスモ』。日本において、自動車レースを題材としたゲームソフトでは、最大のヒット作だと思われます。
人気シリーズとあって、数々の魅力が存在するわけですが、その一つが劇中BGMです。自動車レースのゲームとあって、スピード感あふれるサウンドが多いのですが、一方でじっくり聴かせるバラード曲もあり、『グランツーリスモ』をプレイしたことがない方でも魅了されるBGMだと思っています。

今回は記念すべき第一作にて使用されたBGMから秀逸のナンバーを独断で照会します。

Moon Over The Castle

『グランツーリスモ』の特徴と言えば、リアルなグラフィック。その象徴であるのがオープニングムービーです。そして、そのバックで流れるのがこの曲です。
実際のオープニングムービーと共に聴けば、より一層曲の魅力が分かるでしょう。

Kiss You Good-bye



サントラでは2曲目に収録されていた曲。ゲーム中では、レースの最中に使われていました。
こちらもスピード感があふれていますが、ちょっと哀愁漂うギターが印象的。

Freedom To Win



ソプラノサックスをフィーチャーしたビートナンバー。どことなくアダルトな雰囲気が漂っています。
個人的には一番好きな曲です。

Green Monster



再びギターをフィーチャーした骨太ロックナンバー。これもレース中に使われています。
やはりレース中に流れるBGMは、躍動感があふれているものが多いですねー。

一方でこんなBGMもあります。これは隠れた名曲と言えるのではないでしょうか。



こちらはプレイヤーがスバルのカーショップに赴いた際に流れるBGMです。それぞれメーカーごとにBGMが違うのですが、スバルのBGMが一番良い曲と思っています。

残念ながら初代『グランツーリスモ』のサントラは廃盤になってしまいました。が、人気シリーズですから、再発売も夢ではないでしょう。
また、これらのBGMに陽があたってほしいと願っています。

| | コメント (0)

2019年2月18日 (月)

祖父母の忌引きに「別にいいじゃん」って…

発言小町にこんなトピックがありました。

忌引きについて
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2019/0217/888210.htm?g=02

「自分の部下が祖母の忌引きで休暇を取ったが、祖母なんだから"別にいい(=忌引休暇を取る必要はない)じゃん"と思った」という質問です。これを見て、「いやー、こんな上司が居たら最低最悪だな」と思いましたよ。

現時点で23件の回答が来てますが、ほぼ全てトピ主を批判するものとなっています。「就業規則はどうなってるのか」、「あなたは祖父母の葬儀に出ないの?」、「冷酷な人ですね」、「冷たいご家庭に育ったのかなと思います」などなど。それのどれもが正論ですね。
これらの回答にトピ主がどう返すのか、要注目です。反省するのか、逆ギレするのか、それとも完全無視か。どちらにしても、この考え方を正してほしいですね。上司がこんな考え方だと部下の方が気の毒すぎますから。

私自身は社会人一年目の時に祖父の忌引がありました。忌引休暇自体は取れたものの、当時の所属会社(回想シリーズでお馴染みのB社)の総務が忌引の連絡をした際に、「いつ葬式は終わるのか」、「忌引休暇は3日間しかないから、それ以上休むと有給休暇になる」などと非常に事務的な対応をしてきたのが印象に残ってます。お悔やみのセリフは一切なかったですね。
総務がこんな対応をするぐらいですから、例の非道な上長だったら、もっとひどい対応でしょう。忌引の連絡したら開口一番に「葬式終わったらすぐ仕事に復帰できるか?」などと聞いてきそう…。
本当、「血も涙もない」ってこういうことを指すんでしょうね。

| | コメント (0)

2019年2月17日 (日)

7年ぶりに読む門田泰明のサスペンス小説

今月、光文社文庫より2冊同時刊行された『応戦 たった一人の勲章』(第1巻と2巻が同時刊行)。作家・門田泰明が著したサスペンス小説です。
門田と言えば、良くも悪くも迫力ある文章で知られる作家です。代表作は『特命武装検事・黒木豹介』シリーズで、あまりにも荒唐無稽な内容が賛否両論となっていますが、それが逆に魅力となって多くの読書家を虜にしています。
その門田は近年は時代小説を中心とした執筆活動を行っていましたが、今回の『応戦』で久々にサスペンス小説を書いてくれました。
主人公は高級秘密情報官(本作に登場する架空の肩書き)の朝倉一矢。日本で開催されていた国際会議の席上で各国の要人を狙うテロが発生、朝倉がその真相を突き止めるべく奔走するという、いかにもサスペンス小説にありがちな展開です。これに加え、門田特有の文章が独特の色を出していると言えます。代表作である『黒豹』シリーズと比べると、作風はかなり穏やかですが、それでも緊迫感が漂っているのが分かります
今日、第1巻を読み終わったので、続けて第2巻を読み始めました。この2巻で『応戦』は終わりかと思っていたのですが、まだ続きはあるのです。第2巻の終わりに「次巻に続く」との表記がありましたので。

その次巻がいつ刊行されるのかまだ不明ですが、とりあえず終わるまでは読み続けるでしょうね。なんやかんや言いながらも楽しんでますからhappy01

なお、門田の小説を読むのは、2012年刊行の『続・存亡』以来、実に7年ぶりでした。
前述したように近年は時代小説の執筆に専念しており、現代ものがほとんど書かれていなかったので、読む機会がなかったのです。
おそらく時代小説も面白いんでしょうけど、門田の文体で書かれた時代小説は敷居が高かったので、読みませんでしたcoldsweats01いつかは時代小説も読みたいです。

| | コメント (0)

2019年2月16日 (土)

WRC過去シーズンDVD収集再び

これまでに2度ほど、世界ラリー選手権(WRC)のDVDをアマゾンで2~3枚買いだめしたことがあります。全て過去のシーズンの模様を収録したDVDでした。
いずれも2004年から08年にかけて行われたラリーイベントの模様が収録されています。この5年間は1つもしくは2つのイベントを収録したDVDが1~2ヶ月に1枚ずつ発売されていました。
この5年間のWRCのDVDはすでにかなりの枚数を購入しているのですが、まだまだ未購入のものがあります。時折アマゾンでは、それらを1000円前後で販売していることがあり、見つけ次第購入することにしています。
そして、数日前またもWRCの過去シーズンのDVDが安く売られているのを見つけました。今回は04年のフィンランド/ドイツ、05年のアルゼンチン、06年のトルコそれぞれのイベントを収録したDVDを購入します。まだ、代金を払ってないので未到着ですが、これらも楽しめること、間違いないでしょう。
1枚の定価は3000円ですが、大幅に値下げされているため、今回は3枚買っても2700円でした。もちろん新品なので、どう考えても店頭よりアマゾンで買った方がお得ですよねsmile
これらのDVDの魅力は収録時間が約1時間前後とちょうどいい長さであることと、ナレーターの声が絶妙であることですね。ナレーターは『NEWS ZERO』(日本テレビ系)などを担当している山崎優という方が努めており、個人的に「WRCのDVDは絶対この人!」と思っています。一度だけ山崎とは別のナレーターが担当しているWRCのDVDを観たことがあるのですが、どうもしっくりきませんでした。
思えば、所持しているWRCのDVDのナレーターは全て山崎であり、彼以外のナレーターとなっているDVDは観る気が起きないんですよねー。過去シーズンのDVDばかり集めているのは、実はそれも理由なんですcoldsweats01

とりあえず、可能な限り、WRCのDVDを収集するつもりです。同時にDVDを収納するラックをもう一つ増やすかなぁと思い始めています。既存のラックだけでは収納できそうにないのでsweat01

| | コメント (0)

2019年2月15日 (金)

R-1ぐらんぷり 2019決勝戦は3/10放送

ピン芸人No.1を決めるコンテスト『R-1ぐらんぷり』が今年も開催され、3月10日に決勝戦が行われることがわかりました。当日はフジテレビ系列で全国ネット放送されます。

詳細:
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902150001107.html

決勝戦進出者はこがけん、チョコレートプラネット松尾、松本りんす、ルシファー吉岡、三浦マイルド、河邑ミク、おいでやす小田、クロスバー直撃・前野、セルライトスパ大須賀、霜降り明星・粗品の10名。加えて、当日に敗者復活戦で勝ち上がった2名を含めて計12名で決勝戦が行われます。
これらの進出者の中でもっとも注目されているのは粗品でしょうね。何と言っても昨年のM-1グランプリの覇者ですから、R-1も制すれば、史上初のM-1、R-1ダブル優勝者となります。
三浦マイルドも違う意味で注目されるかも。彼は一度R-1で優勝(2013年)していますが、全く売れませんでした。おそらく再起を目指して再挑戦してきたのでしょう。とはいえ、1度優勝しても売れてないということで、2度優勝しても結果は同じだと思います。申し訳ないですがcoldsweats01
実は三浦に限らず、R-1の歴代優勝者は優勝しても売れないことが多いです。歴代の優勝者を見ても、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか(歴代の優勝者一覧はこちら)。
今年の優勝者はそうなってほしくないですねぇ。

M-1同様、R-1も毎年観ている恒例行事(?)です。さぁ、今年は誰が優勝するか…。

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

再度公開された弓熟ユキノのASMR動画

3年ほど前にASMR動画の存在を知って以来、不定期にそれらの動画を楽しんでいる私。
ASMR動画を公開しているユーザーは、ASMRtist(読み方:エーエスエムアーティスト)などと呼ばれます。世界には数多くのASMRtistがいますが、中でも気に入っているのは弓塾ユキノ。癒しの声質や本をめくる音の出し方などが絶妙で、いつも彼女の動画で脳をとろけさせていました。

しかし、弓熟の動画は昨年7月に突如全て非公開となってしまい、観ることができなくなりました。その後は他のASMRtistの動画を観ていましたが、「やっぱり弓熟がいいなー」とずっと思っていました。

どうやらそのような思いを持つ者は私以外にも居たようで、本日より動画が再度公開されるようになりました。今年1月に半年ぶりにASMRtistとしての活動を再開したのも理由かと思われます。
また弓熟のASMR動画を観れるんだーと思うと、とても幸せな気分ですhappy01

早速、以下の動画を観ました。これが一番脳をとろけさせてくれる効果がありますねー。

まだ、ASMRを知らない方は、まずこの動画を観てください。入門編として最適な動画のはずです。

しばらくは毎日この動画を観て、癒されてると思います。それぐらい魅力的な動画なんでhappy01

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

【CM】東芝ビデオデッキ ハイファイ A 850HFD198

定番のCMネタです。先月に引き続き、東芝のビデオデッキのCMを紹介します。

1987年に放送された「ハイファイ A 850HFD198」のCMです。
前回紹介した「ビュースター」同様、CMキャラクターは薬師丸ひろ子で、CMソングは高中正義という組み合わせです。
高中の「BAD CHICKEN」をBGMに、「ハイファイ」の機能である「リモコデジクラ」、「サラストロボ」を大々的にPRしています。高中も自身のライブビデオ再生中という設定で、一瞬だけ映ります。
CMソングの「BAD CHICKEN」は大好きな曲ですが、実際にCMで使われている様子を見るのはこれが初めて。「このように使われていたのかー」と納得しました。

多くの方がご承知の通り、ビデオデッキは生産中止となり、入手することが不可能となりました。
ハードディスクレコーダーが主流となった現代では、もはやビデオデッキで番組を録画している人はほとんどいないでしょう。まだ、「ハイファイ」で録画している人はいるのかなー?

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

伊賀の天然水炭酸水グレープフルーツ

サンガリアより販売されている『伊賀の天然水炭酸水』シリーズ。無印(ただの炭酸水)、レモン、グレープフルーツ、ライムの計4種類あります。
これまで無印とライムは飲んだことがありますが、あとの2種類は未経験。しかし、数日前に近所のスーパーにてグレープフルーツのペットボトルが安く売られているのを発見し、即座に買いました。
そして、今日飲んでみましたがとっても美味しいです。グレープフルーツの香りと味、そこに炭酸のシュワっとした感じが幸福感を味わわせてくれます。
普段買うのは500mlのペットボトルですが、今回は1リットルなので、たっぷり飲めますねhappy01

グレープフルーツの炭酸水は過去にトップバリュ(イオンのプライベートブランド)で飲んだことがありますので、厳密に言えば未経験ではありませんが、サンガリアのは初めてでした。
今では多数のメーカーから炭酸水が販売されていますが、どのメーカーからも無印とレモンは販売されています。一方でグレープフルーツは意外に少ないような気がします。
今後、色々な炭酸水がどんどん出てほしいなーと思ってます。炭酸水フリークの一人としてsmile

| | コメント (0)

2019年2月11日 (月)

『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』鑑賞会

S_img_1547
本日は2週間ぶりの「映画の日」でした。
鑑賞映画は今月8日より公開されている『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』です。文字通り、アニメ『シティハンター』の劇場版であり、実に20年ぶりの新作となります。
あらすじは以下の通りです。

裏社会屈指の始末屋、シティーハンターこと冴羽リョウは、モデルの進藤亜衣からボディーガードを依頼される。亜衣がキャンペーンモデルを務めるIT会社の社長・御国真司は、リョウの相棒・槇村香の幼なじみで、撮影現場で再会した彼女をデートに誘う。喫茶キャッツアイの海坊主と美樹は、傭兵(ようへい)が新宿に集まってくるという情報を入手する。
(Yahoo!映画より抜粋)

『シティハンター』の醍醐味がほぼ全て網羅されておりました。
銃撃・格闘・カーチェイスなどの派手なアクション、シリアスな場面とコメディタッチの場面が交互に展開される、これだけでもファンは満足でしょうが、主要キャストの声優が旧作と同じであることや、エンディングテーマの「Get Wild」(歌:TM NETWORK)と挿入歌である旧作の歴代の主題歌はオリジナルバージョンを使用していることもファンを大いに喜ばせる要素となっています(といいつつ、私は旧作をほとんど観ておらず、最近になってようやく再放送で数話を観た程度ですがcoldsweats01)
主人公の代名詞である"もっこり"も大健在でした。ちょっとお色気の要素も入ってるので、テレビ放送では大丈夫かな?と余計なお世話ながら心配してしまいましたねsweat01

これまでにもアニメ映画を映画館で観たことはありますが、全て海外のアニメでした。つまり日本のアニメは観るのは今回が初めてでした。
一度、日本のアニメ映画を観に行く予定はあったのですが、都合がつかず流れてしまいました。よって、これが映画館で観た初の日本のアニメ映画でした。

本作は続編を匂わせるラストシーンで幕を閉じました。もしかしたらまた数年後に『シティハンター』を映画館で観ることができるかもしれません。

ぜひとも続編を制作してほしいです!

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

カーテン買い替え

昨年からたびたび生活用品の買い替えを行っている私ですが、今月も一つ買い替えました。それはカーテンです。
それまで使っていたカーテンは、最低でも8年は使ってました。当然ながら汚れてましたし、ほこりもいっぱい被ってました。なので、そろそろ買い替える必要があるなーと思ったのです。
最初は近所のホームセンターで買おうかと思っていたのですが、ふと「アマゾンでも買えるんじゃないか?」と思い、検索してみました。その結果、ホームセンターより安く買えることがわかり、↓を注文しました。


今日、このカーテンに交換しました。以前のカーテンとほぼ同じサイズですが、性質は向上しています(UVカットなど)。また、部屋が明るくなったのも良かったです。

かつては生活用品の大半はスーパーやホームセンターで買ってましたが、近年はネット通販で買うことも多くなりました。
近々剃刀も買い替えるのですが、それもネット通販で買うことになりそうです。お得に買えるし、ブログのネタにもなるし、いいことづくめですねsmile

| | コメント (0)

«【ゲーム】探偵 神宮寺三郎 未完のルポ