2022年7月 6日 (水)

次の新刊:『かりあげクン』→8月 『フリテンくん』→9月

新刊が発売されるたびに買っているコンビニコミック『かりあげクン』と『フリテンくん』(作者は共に植田まさし)。次の新刊の発売日がわかりました。
『かりあげクン』は8月8日、『フリテンくん』は9月27日です。もちろんどちらも買います。楽しみの一つですから😃

前回の新刊は、共に同じ月に発売されたので、2冊ともネット通販で購入しました。というより、今の家に住んでいる限りは、直での購入はちょっと厳しいかと。コミックを扱っているコンビニが近くにないので…。

幸いに通販で買えるので、そちらで代用できます。

なお、2作ともコンビニコミックではない正規の単行本が存在しますが、『フリテンくん』は全て絶版状態です(電子版は購入可能)。つまり、紙媒体(かつ新品)で読むには、コンビニコミックしかないんですね。
というより、一応今も新作が専門誌に連載されているんですけどね。なぜ単行本が出ないのでしょうか。不思議…。

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

7/12放送:芸能人格付けチェック ~アンタ達の対応力ってどーなのよスペシャル~

7月12日に放送される『芸能人格付けチェック ~アンタ達の対応力ってどーなのよスペシャル~』(ABCテレビ制作/テレビ朝日系列全国ネット)。ABCが誇る超人気特番の最新回です。
『格付けチェック』は挑戦者が数チームに分かれて行う対抗戦、もしくは挑戦者全員が1チームとなって行う団体戦の2つの形式で行われますが、最新回は団体戦となります。また、今回は司会である浜田雅功も挑戦者の1人として参戦します。多分、戦力にならず、逆に足を引っ張る存在になるかと思いますが😃
挑戦するチェックポイントは計6つ。成功するのはどれぐらいあるのかなー。これまでの団体戦の傾向を見ると、「映す価値無し」になる可能性が非常に高いので、成功するポイントの方が少ないかと予想しています💦

同番組は正月、春、秋それぞれの特番期に放送されてますが、今回初めて夏に放送されることとなりました。となると、今年は計4回放送されることになると思われます。
好きな番組の一つですから、見逃すわけにいきませんね。

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

地元の駅だけでも買おうかと思う「駅プレマグネット」

二日前、紀伊国屋書店札幌本店に行った際、店内で販売されていた「駅プレマグネット」に興味を惹かれました。
「駅プレマグネット」とは、JR北海道全駅のプレートをマグネットにしたものです。鉄道ファンにはたまらないグッズではないでしょうか。
自分自身、ライトではあるけれど、一応鉄道ファンです。次に紀伊国屋書店に行った際、地元の駅(滝川駅)のマグネットを買おうかなーと思います。

「駅プレマグネット」の詳細は↓をご覧ください。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Sapporo-Main-Store/20131110202800.html

このような駅名プレートをマグネットにしたグッズは、JR北海道以外の鉄道でも多く販売されており、札幌市営地下鉄版も存在します。どうせなら、こちらと合わせて購入しようかと思います。

札幌市営地下鉄版の詳細は↓です。
https://www.trolley.jp/information/3065.html

これらを手に入れたら、かつて住んでいた大阪の駅名プレートも手に入れたいですねー。多分、そちらも探せばあるんじゃないかと。
地道に探してみます😃

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

札幌で手に入った旭川の情報誌

Img_1425

↑は、紀伊国屋書店札幌本店(札幌市中央区)で買った月刊誌『北海道経済』です。
『北海道経済』と銘打っているものの、道内全域ではなく、旭川市を中心とした上川総合振興局の情報を扱っています。つきまして、原則は上川総合振興局内にある書店やスーパーでしか売られていないようです。
が、冒頭に書いたように、札幌でも取り扱っているお店が存在してました。こちらの雑誌は、前々から読みたいと思っていたので、紀伊国屋書店で見つけた時は、ガッツポーズでしたね。もっとも最初に見た時は、「これ、読みたかった雑誌と同一のものかな?」と疑ってしまいましたが💦

家に帰って、早速読んでみると、確かに旭川の情報ばかり載っていることに気が付きました。記事だけでなく、広告もほとんどが旭川市内のものばかりで、実質旭川の情報誌ですね。
北海道の情報誌は、他に『クォリティ』、『北方ジャーナル』の2誌を読んでますが、こちらは道内全域を取り扱っており、『北海道経済』との違いが明確ですね。

自分は旭川の出身ではないし、特に縁があるわけでもありません。ただ、どんな雑誌なんだろうかと興味があったんですよね。毎月『クォリティ』に『北海道経済』の広告が載っているので。
前述したように、前々から読みたいと思ってましたが、店頭で買えるのは旭川とその近隣の地域ということで、その周辺に行かない限りは手に入らないと思ってました。それだけに紀伊国屋書店で見つけた時は、本当にうれしかったですねー。

現時点で196ページ中、78ページまで読み進めていますが、なかなか面白いです。ぜひ、来月以降も読みたいと思います。
となると、合計3誌を読むことになりますので、これまで以上に活字に触れる機会が増えることになります。3誌以外にも、常に新聞や文庫を読んでいるから、活字中毒がどんどん進んでいってます。こんなに読むことになるとはと、自分でも驚いています😃

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

20年ぶりに訪れたヨドバシカメラ札幌店

Img_1419

↑は本日訪れた、ヨドバシカメラ札幌店です。
実はここを訪れるのは、20年ぶり。この近所に2年間通学していた専門学校があり、たまに学校帰りに寄っていました。といっても、当時は学生の身分で所持金が少ない関係で、ほとんど買い物したことがありません。なので、新譜のCDやDVDをチェックするだけでしたね。
今回ここを訪れたのは、前述のように出身校の近くにあるということで、いわばここも自分のルーツの一か所だからです。本当に久しぶりに訪れましたけど、変わってないなーと思いました。
もちろん中のレイアウト等は変わっているけど、1階にあるマクドナルドは変わらないし、中の面積は変わってないでしょう。というわけで「昔のままだ」と率直に思いましたね。
とはいえ、やはり買い物をするのが最大の目的です。目当てはエアダスターでしたが、ここで買うよりネット通販の方が安いことがわかったので、結局買わずじまい。しかしながら、今後も不定期に訪れたい場所ですね。

なお、ヨドバシカメラの前には前述の出身校にも行ってきました。こちらも20年ぶりでしたね。もう行くことは絶対にないと思ってましたけど、せっかくの機会だから見ておくことにしました。
何度も回想しているように、当時の担任教師と相性が悪かったため、正直あまりいい思い出がありませんが、一応ここも自分のルーツの一つ。その学校に行かなければ、今の自分はないでしょう。
そう思えるようになっただけでも成長したかな?と思ってます。

あ、ちなみに当時の担任教師、今も勤務しているようです。相当調子のいい性質だったので、出世はしてるけど、中身は成長してないだろうと勝手に決めつけています😃

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

札幌吉本のイベントは平日が多い

芸能プロダクション・吉本興業は、東京・大阪だけでなく、全国各地に事務所があります。
我が札幌市にも「札幌吉本」があります。つい先ほど、帰郷後初めて札幌吉本の公式サイトを覗いてみました。
イベントスケジュールがあるので、そちらを見たところ、イベントは定期的に行われているものの、ほとんどが平日です。ちょっと平日に行くのは厳しいですねー。
大半は札幌吉本所属の芸人のみが出演しておりますが、ほとんど知らないです。どれだけ面白い芸人がいるのか興味があるので、一度は観に行きたいけど、平日は厳しいなー。

前述したように、イベントの大半は札幌吉本所属芸人のみで行われていますが、今年3月には東京・大阪の芸人が集合した『漫才のDENDO』というイベントが札幌市内で行われました。こちらなら、ぜひ観に行きたいと思えるイベントなので、もしその時点で札幌にいたら、確実に観に行っていたでしょうね。なんせミキやオズワルドが出ていたんだから。

コロナ禍ということもあって、なかなか東京・大阪の芸人が札幌に来るのは難しいだろうけど、機会が全くないわけではないので、今後も札幌吉本の公式サイトを定期的に覗こうと思っています。

| | コメント (0)

2022年6月30日 (木)

7月から店頭購入予定の月刊誌

何度か書いているように、私は北海道の情報誌『クォリティ』と『北方ジャーナル』を毎月購読しています。
前者は定期購読で、後者はネット通販のアマゾンで買っていますが、前者の定期購読の期間が今月で終わりました。つきまして、来月からは店頭での購入に変わります。
後者は先月から店頭購入に変える予定だったのですが、その都度アマゾンで買うものが出て、一緒に買ってました。つまり未だに店頭購入してないんですね。
来月こそ『クォリティ』も『北方ジャーナル』も店頭で買いたいものです。

ただ、この2か月間の傾向を見てみると、どちらも発売日の直後に買った方がよさそうです。特にスーパーやコンビニはすぐになくなってしまうみたいだし、書店も似た傾向です。あくまで自分の近所の傾向ですが。
本当はどちらも定期購読を申し込んだ方がいいんでしょうねー。いっそ、冬の賞与の時にまとめて申し込もうかな?

| | コメント (0)

2022年6月29日 (水)

8/8発売:『かりあげクンデラックス がんばるキミに爆笑打ち上げ花火!』

今月は、『かりあげクン』と『フリテンくん』(作者は共に植田まさし)のコンビニコミックが発売されたので、どちらも購入しました。いずれもいっぱい笑わせてもらいました。
早くも次に買うコンビニコミックが決まっています。次は8月8日に発売される『かりあげクンデラックス がんばるキミに爆笑打ち上げ花火!』です。
サブタイトルに「花火」とあるように、夏をテーマとした4コマが多く収録されるのでしょう。花火はもちろんのこと、海、プール、スイカ、麦わら帽子、扇風機などがネタになるのではと予想しています。

植田原作の漫画を読んでいると、どうしたらこんなにネタがいっぱい思いつくのだろうと思います。『かりあげクン』はもちろんのこと、他の作品においても。相当、勉強されているんだろうなー。

次の『がんばるキミに爆笑打ち上げ花火!』も、ネタの宝庫でしょうから、沢山楽しませてもらいますよー😃

| | コメント (0)

2022年6月28日 (火)

こちらも対応していたであろうWindows8.1サポート終了

気になるネット記事を見つけました。

「Windows 8.1」のサポート終了、マイクロソフトが通知を開始へ--2023年1月に向け
https://japan.zdnet.com/article/35189433/

正直、Win8.1はあまり使用者がいないというイメージです(上記記事にも同様の文言あり)。それでも使用者が全くいないわけではないので、使用者は今のうちから対応しておく必要がありますね。対応といっても、パソコン自体を買い替えるか、OSをアップデートするかのどちらかなんですけど💦
個人的にはWin11に変えることをおすすめします。Win10も2025年にサポートが終わるので、3年しか使えませんから。

この記事を読んで思ったのが、「前の職場に今も居たら、この対応もしてただろうなー」ということ。職場にあるパソコンの大半はWn10を搭載してましたが、一部の機器はWin8.1搭載だったのです。
で、こちらも少し前に書いたInternet Explorerの対応同様、アプリチームの担当者(以下、A)から「やれ」と強制されていたはずです。在職時、Aから幾度となく当たり前のように命令されて憤慨してました。
ちなみに前の職場は今年の秋からパソコン更新が始まるのです。ほぼ1日中、その対応に追われているのに、Aはそれを見て見ぬふりして、命令するでしょうね。
後任者は今現在、相当苦労されているようですが、パソコン更新が始まったら更に苦労が倍増するでしょう。そんな最中にAから命令されたら…と思うと、気の毒でしょうがないです。

頼むから、これ以上後任者に負担かけるなよーとAに言いたいです。私はある意味、Aの存在が職場を離れることを決意したようなもんですから✊

| | コメント (0)

2022年6月27日 (月)

7/4放送:再雇用警察官4

7月4日にテレビ東京で放送される『月曜プレミア8 再雇用警察官4』。高橋英樹主演の2時間ドラマです。
高橋が演じるのは、警察官を定年退職した後に再度、警察官として雇用された中年男・安治川信繁。その安治川が勤めているのは、神奈川県警川崎中央警察署生活安全部消息対応室。同僚の新月良美(本仮屋ユイカ)と難事件を捜査するという内容で、通算4作目となります。
これまでの作品が面白かったので、4作目も観るつもりです。高橋と言えば、『西村京太郎トラベルミステリー』(テレビ朝日)での十津川警部役が有名ですが、『再雇用警察官』においては十津川とは異なるけど、味わい深い警察官を演じています。
まぁ、高橋が主演ということで、完全に中高年層がターゲットですけどね😃ゲストの年齢層も比較的高めだし。

以前も書きましたが、昔はテレ東のドラマはほとんど観てませんでした。というか、眼中になかったです💦
観るようになったのは、5年ほど前からですね。『再雇用警察官』のような2時間ドラマだけでなく、連続ドラマも観るようになったし、あるいは特番期に放送されるスペシャルドラマも。

7月は連続ドラマ『警視庁強行犯係 樋口顕』シーズン2も放送されるので、テレ東のドラマを2本観ることになります。今後も面白いドラマを期待してますよー。

| | コメント (0)

«ココログ障害発生