« 「大笑点」公開収録 | トップページ | CD鑑賞記 シルクロードベスト/喜多郎 »

2006年12月20日 (水)

プロ野球スキャンダル事件史2

今年6月に宝島社文庫から刊行された「プロ野球スキャンダル事件史」。「メディアが報道しなかった球界タブーのすべて」を取り上げた本です。この本の第二弾「プロ野球スキャンダル事件史2」が今月刊行されたので、早速買ってきました。
原本となったのは2005年12月刊行の「プロ野球タブーの真相」で、文庫化にあたって訂正・加筆されています。阪神、巨人の「お家騒動」を筆頭に、前楽天監督の田尾安志と三木谷オーナーの確執、常勝軍団を築き上げながら球団フロントに全く評価されなかった元西武監督の森祇晶、現役引退後に薬物使用体験をカミングアウトした元ロッテの愛甲猛など、文字どおりスキャンダラスな話題が満載です。
毎日野球の話題をスポーツ新聞でチェックしている私ですが、この本を読む限り、まだまだ野球のことをわかってないなぁと思いました。「そういうこともあるのか」と思った話題が多数ありました。おかげで来シーズンからはこれまでとは違う視点で野球を見ることができそうです。

|

« 「大笑点」公開収録 | トップページ | CD鑑賞記 シルクロードベスト/喜多郎 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

芸能界のスキャンダル本とか無いですかねー。

「薬」「恐喝」「暴行」「枕営業」「淫行」

いくらでもネタがありそうなんですけど。
その代わり作者は確実に
海に浮かんでしまいますが・・・。^^;

投稿: よっぴー | 2006年12月21日 (木) 19時04分

>よっぴーさん
最近出たじゃないですか。石原某の暴露本。あれも一応スキャンダル本ですよね。
こういうのって漫才のネタにできないですか?

投稿: てつ | 2006年12月21日 (木) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「大笑点」公開収録 | トップページ | CD鑑賞記 シルクロードベスト/喜多郎 »