« 胃腸薬 | トップページ | Vista発売日に98をセットアップ »

2007年1月29日 (月)

シュワちゃんの映画を楽しむ

              038_1
左『イレイザー』(1996年公開)
右『コラテラル・ダメージ』(2002年公開)

共にアーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画です。彼の代表作である『ターミネーター』シリーズや『トータル・リコール』ほどヒットはしていないものの、傑作映画であることに変わりはありません。
両作品とも冒頭から手に汗を握る展開です。「さすがシュワちゃん、アクションスターだねぇ」と拍手を送りたくなります。
『イレイザー』はDVDを買う前に一度テレビで観たことがあるのですが、『コラテラル~』を観るのは今回が初。『コラテラル~』はもともと2001年に公開される予定だったのが、直前にアメリカ同時多発テロが起きたため、公開が延期されたというエピソードがあります。

二つともアクション映画ですが、一つだけ異なる点があります。『イレイザー』では主人公が拳銃を発砲するシーンがあるのに対し、『コラテラル~』はそれが一切ありません。
その理由として1990年代のアメリカでは、少年による拳銃の乱射事件が多発してました。その要因の一つにシュワちゃんが映画の中で拳銃を乱射するシーンが多かったためとされています。いわば『コラテラル~』では、そのようなシーンを自粛したというわけですね。
思えば1999年公開の『エンド・オブ・デイズ』でも『コラテラル~』のように拳銃を使わない傾向がありました。
これらの出来事は、銃社会のアメリカでこそ起きる事件だと言えるでしょう。日本ではまず起きません。

今から15年ほど前、シュワちゃんの映画に物凄くはまっていました。
『コマンドー』、『バトルランナー』、『レッドブル』…。どれも面白かったなぁ。またこれらの映画もDVDで観直すつもりです。
シュワちゃんの凄いところは決してアクション映画一辺倒ではなく、『ツインズ』、『ジュニア』といったコメディ映画にも出演しているということ。個人的にはアクションものの方が好きですが、そういう一面もあるということを書いておきます。

シュワちゃんは現在、アメリカ・カリフォルニア州知事として活躍しています。今後、俳優業を行うか微妙ですが、彼が出演した映画の輝きはずっと消えうせないことでしょう。

|

« 胃腸薬 | トップページ | Vista発売日に98をセットアップ »

洋画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃腸薬 | トップページ | Vista発売日に98をセットアップ »