« まだ暖房を使ってます | トップページ | CD鑑賞記 夏の終わりに/松山千春 »

2007年3月21日 (水)

浴室のドア

毎日入浴後に必ず浴室のドアを開けています。
理由は湯気を逃がすためです。そのままにしておくと、湯気がこもって浴室が暑くなりますから。
我が家の場合は、洗面所と浴室が一緒になっている構造なので、尚更湯気を逃がす必要があります。

今日の入浴後にふと思い出したことがあります。
高校時代、修学旅行で京都の旅館に泊まりました。一部屋にクラスの男子全員が押し込められました。といっても、10人前後なので多くはありませんが、全員同じ部屋というのがちょっと解せなかったなぁ。
うち数人の生徒が浴室でタバコを吸っていました。彼らは未成年です。当然のごとく教師たちに見つかったら大変なことになります。
なので、喫煙がバレないようにずっと浴室のドアを閉めていました。この旅館は浴室とトイレがセットになっています。つまり「トイレに行く」ことは「浴室に行くこと」にもなるのです。
浴室はずっと閉められているので湯気がこもっています。トイレに行くと、その湯気に襲われ(?)ました。「暑い…」と思いながら用を足していました。
今思えば、わざと開けてバラしてやればよかったかも。元はそんなところで吸っている人間が悪いんだし。「バレたくないんだったら吸うの我慢しろよ!」って感じですもんね。

同じクラスの生徒は誰も見つかりませんでしたが、他のクラスには喫煙がバレて修学旅行終了後に停学処分を食らった生徒がいました。
「馬鹿だねぇ~」(三遊亭円楽師匠風に表現してみました)と言いたくなったのは私だけでしょうか。
タバコなんて、旅行から帰ったらいくらでも吸えるのに…。
ヘビースモーカーでないので、そういう人たちの気持ちが理解できません。

今日もちゃんと浴室のドアを開けておきました。

|

« まだ暖房を使ってます | トップページ | CD鑑賞記 夏の終わりに/松山千春 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も同じ理由でもドアを開けていますが湯気を逃がすためともう一つ換気扇に負担をかけない為にです。ユニットバスなどはとても気密性がよくドアを閉めている時と開けている時ではよく聞くとモーターのうなり具合が耳で聞き取れるぐらいに違います。
気休め程度でしょうが風呂に人がいないときは開けておきます。

投稿: tamu | 2007年9月 2日 (日) 23時31分

>tamuさん
はじめまして。
なるほど換気扇を大事にするために空けておくわけですか。
参考にさせてもらいます!

投稿: てつ | 2007年9月 3日 (月) 19時40分

こういう校外学習の宿泊でホテルの浴室で吸っていて、火災報知器を鳴らし、大目玉を食らったお馬鹿さんが居ました。そういや。。。
先生も宿の人から「どういう教育してますのって!!」怒られて居ました。

今気づいたけど、凄く古い記事やん。。。

投稿: ひで | 2007年9月 3日 (月) 21時46分

>ひでさん
宿の人から怒られるほど大騒ぎになったのはすごいですね。
今思い起こしてみても、トイレで用をたすのが大変でしたわ~。熱気がこもる中で用を足さなきゃいけないから…。

投稿: てつ | 2007年9月 4日 (火) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ暖房を使ってます | トップページ | CD鑑賞記 夏の終わりに/松山千春 »