« 紳竜の研究 | トップページ | 200件目に到達しました »

2007年6月 3日 (日)

ターミネーター2 エクストリーム・エディション

2006年3月に発売された『ターミネーター2 エクストリーム・エディション』。豪華三枚組として発売されました。
特製BOX収納、最高画質、特典映像満載、音声解説収録など様々な魅力が詰まってますが、一番の魅力はこれまで商品化されていなかった日本語吹き替え版が初収録されたことです。
(注:声優陣のキャストはテレビ放映版と異なっています。ただし、主人公のアーノルド・シュワルツェネッガーだけテレビ放映版と同じで、玄田哲章さんが演じています)
同映画のDVDは、廉価版も発売されていますが、そちらには日本語吹き替え版が収録されていないため、これまで同映画のDVD購入をためらっていました。が、我慢しきれず遂に『エクストリーム・エディション』を購入してしまいました。
二ヶ月前に購入した『ターミネーター3』のDVDが面白かったためでもあります。

『ターミネーター2』はシュワちゃん主演作の中では、一番好きな映画です。レンタルビデオからダビングしたテープを何度見たことか…。本当に素晴らしい映画だと思います。
なお、『ターミネーター2』には二つのバージョンがあります。1991年に公開された『劇場公開版』と、93年に公開された『特別編』(『劇場公開版』に未公開映像を追加)です。私がこれまで見てきたのは『劇場公開版』で、『特別編』を見るのは実は今回が初(本DVD-BOXには両方とも収録されています)。
今日はちょっと時間的にDVDを見るのは難しいので、明日以降の楽しみにとっておきます。なにしろ三枚組でボリュームがあるので、全て見終わるまで一週間近くはかかると思います。

あまりにも有名な台詞「I will be back」にもうすぐ再会できます。

|

« 紳竜の研究 | トップページ | 200件目に到達しました »

洋画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。僕も道産子です。江別市に住んでいます。ターミネーター2のDVDに関する記事が載っていましたので,ちょっとコメントを書かせてもらいます。
僕も,映画が大好き人間です。DVDは,650枚ほど所有しています。ターミネーターは,一時期はまっていて,ヘビー・ローテイションで観てましたよ。そこで,てつさんの購入したDVDですが,実は僕も購入しようと思いました。玄田哲章さんの吹き替えがあるからです。でも,このDVDが出る前,2001年1月に「スペシャルコレクション ターミネーター2特別編」というDVDも持っているのでやめました。このDVDでは,「第3のヴァージョン」が,隠しコマンドから観ることができます。知ってました?
いやぁ~,でも,このDVDの話題がでるなんて,嬉しいなぁ~。
僕は,今年の3月にブログを始めたばかりなので,コンテンツなどはまだまだ少ないのですが,よければ,情報交換させていただけませんか?
僕のブログは,下記のURLです。

http://yukashi2003.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: カズ | 2007年6月 3日 (日) 22時01分

>カズさん
コメントありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました。音楽活動をされてるんですね。私は音楽的才能がないので、聴く方専門です(笑)。
『ターミネーター』シリーズにかなり思い入れがあるということがよく分かりました。やっぱり『2』ですよね。『2』が成功しなかったら、『3』はなかったと思います。ジョン・コナーを演じる役者が『2』と『3』で違ったのが残念でしたが…。

こちらこそ今後ともよろしくお願いします。

投稿: てつ | 2007年6月 4日 (月) 20時30分

ブログを初めて7か月,記事も200件になったんですね。すごいですね。これからも,楽しく読ませてもらいます。
僕のブログにも来ていただいて,ありがとうございます。バンド活動のためにブログを始めたのですが,ネタがあまりないので,結局,なんでもありのブログにしちゃいました...。よろしければ,また遊びに来てください。
『ターミネーター』が好きなのは,VFXをILMが担当しているからなんです。でも,監督のジョージ・ルーカスは,あまり好きではありません。
僕も,ジョン・コナー役が,『3』になって変わったのには,がっかりしました。あの俳優がはまり役だったので。
今度,『4』が作られますよね。その時は,新しいシリーズとして出発するらしいのですが,「もういい」って感じがしませんか?
映画ネタ,DVD視聴の感想,など今後もよろしくお願いします!

投稿: カズ | 2007年6月 4日 (月) 21時31分

>カズさん
『ターミネーター』の監督はジェームズ・キャメロンのはずですが(『3』はジョナサン・モストウ)、勘違いではありませんか?
カズさんがおっしゃるとおりで、ファンの間では『3』以降の『ターミネーター』に否定的な意見・見解が多いようです。そもそも『3』は作られる予定がなかったそうですから。『3』の結末からして、『2』で終わっていれば…という見方があるのは仕方ないでしょうね。
ちなみにジョン・コナーを演じる役者が『3』で変わったのは、『2』で演じたエドワード・ファーロングが薬物中毒にかかって、出演できない状態だったからだそうです。当初の予定ではそのまま出演するはずだったとか。エドワードが出ていれば、『3』の評価も変わったでしょうね。

投稿: てつ | 2007年6月 4日 (月) 22時08分

言葉足らずでした。
『ターミネーター』の監督は,ジェームズ・キャメロンですよね。この映画のVFXを担当していたのがILMだったこともあり好きです。でも,ILMの生みの親,ジョージ・ルーカスは,気難しそうで,あまり好きではありません...,ということを言いたかったんです。すみません。

投稿: カズ | 2007年6月 5日 (火) 21時39分

>カズさん
いえいえ。書き間違えは誰にでもありますので…。
知り合いにわざとヘンなこと書いている人間が居ますから、気にしないでください(笑)。

投稿: てつ | 2007年6月 5日 (火) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紳竜の研究 | トップページ | 200件目に到達しました »