« 未知なる新喜劇 | トップページ | 出張買取 »

2007年8月 6日 (月)

親の顔が見てみたい

以下、日刊スポーツが報じたニュースです。

東京都北区の公園のベンチで寝ていた男性に火を付け、重傷を負わせたなどとして、警視庁少年事件課は6日までに、殺人未遂の疑いで、いずれも東京都北区に住むタイル工の少年(17)と無職少年(15)、高校1年の男子生徒3人の計5人を逮捕した。

 5人は公園に住むホームレスへの嫌がらせを繰り返していた。タイル工の少年は「ホームレスはごみだ。人間として最低で、世の中の役に立っておらず、犬や猫と一緒。生きていようが死んでいようが気にしない」などと話しているという。

 調べでは、5人は5月13日午後11時55分ごろ、北区赤羽南1丁目の区立赤羽公園で「ごみを掃除するぞ」などと言ってベンチで寝ていた住所不定の清掃作業員の男性(52)の上にライターオイル入りのポリ袋を置き、ライターで火を付けて殺害しようとした疑い。男性は全身の約3割にやけどを負う重傷で、現在も入院中。

 男性は普段はネットカフェで寝泊まりし、この日はたまたま公園で寝ていたという。

 警視庁によると、5人は今年4月ごろから、公園にいるホームレスに花火を向けるなどの行為を繰り返し、5月11日未明から同13日未明にかけては、公園で寝ていた別のホームレスの寝袋に火を付けるなどしていた。

逮捕された5人は、典型的な「モラルのない青少年」と言えるでしょう。
「こいつらの親の顔が見てみたい」と思いました。今までどういう教育を受けてきたのか…。
もし私が取り調べた刑事だったら、「お前らこそ世の中の役に立ってないだろうが!」と怒鳴っていると思います。

昔、ある推理小説にホームレス暴行事件を起こした少年を刑事が取り調べるシーンがありました。
刑事の「なんで暴行したのか?」という問いに、少年は「あいつら(ホームレス)は生きてても仕方ないから」というとんでもない答えを返していました。
上記の記事を読んで、「実際にそういう考えを持ってる人間が居るんだなぁ」と実感しました。小説の世界だけだったらいいのに…。

こんなことを起こす人間がいなくなれば一番いいのですが、今後も同じような事件が起きる可能性があります。
全国の警察には、悪い人間が集まるところのパトロールを強化してもらいたいものです。
我が関西だったら、どのあたりが危ないかな?

|

« 未知なる新喜劇 | トップページ | 出張買取 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

大阪道頓堀でも昔ホームレスが若者に川に放り込まれて
水死するという痛ましい事件がありました。

名古屋でもありましたねえ。河川敷ホームレス襲撃事件が。。。

投稿: ひで | 2007年8月 6日 (月) 22時08分

>ひでさん
道頓堀でもありましたか。
確かあの近くは危ないかも。
夜中は危険な気配が漂ってますもんね。

投稿: てつ | 2007年8月 6日 (月) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未知なる新喜劇 | トップページ | 出張買取 »