« アタック25・芸人大会 | トップページ | 吉本再婚芸人 »

2007年9月 4日 (火)

CD鑑賞記 FLASH IN JAPAN/矢沢永吉

1972年、ロックバンド「キャロル」でデビュー。今年音楽生活35周年を迎えるロック・シンガー、矢沢永吉。
これまで日本の音楽界に数多くの功績を残してきました。まさに「スーパースター」と呼ぶべき存在であることがわかります。
今回、紹介する『FLASH IN JAPAN』は、1987年に全米発売されたアルバムです。タイトル曲「FLASH IN JAPAN」は矢沢の故郷・広島をモチーフに制作されたバラードナンバーで、タイトルから分かる通り「広島の原爆」をテーマとしています。この曲のビデオ・クリップは、広島の原爆ドームで撮影されています(ビデオ・クリップはDVD『THE FILMS』で見ることができます。現在入手可)。
アメリカの一流ミュージシャンによるレベルの高い演奏と、矢沢のクオリティ高い作曲センスが光る一枚です。このアルバムの中で一番気に入っているのは、矢沢のコンサートにおいて必ず演奏される名曲「止まらないHa~Ha」の英語詞バージョン「HURRICANE」です。初めて聴いた時は「英語詞もかっこいいじゃん!」と思いました。
本アルバムは当初全米のみで日本では未発売でしたが、99年にめでたく日本発売が実現。発売日にすぐさまレコード店に飛んでいったのを覚えています。
日本発売にあたって撮り下ろされたジャケット写真がカッコいいです。「マイクを粉砕する矢沢の叫び」という構図になっています。
新ジャケット及び旧ジャケットは下記の通りになっています(左:新、右:旧)。
      001 002
日本発売から8年、残念ながら『FLASH IN JAPAN』は廃盤となってしまいました(収録曲の何曲かは他のアルバムで聴くことができます)。
このアルバム同様に1990年代の作品も廃盤になっています。90年代の矢沢のアルバムは名作が多いので、ぜひとも復刻を期待しています。

矢沢永吉公式サイトはこちらです。

|

« アタック25・芸人大会 | トップページ | 吉本再婚芸人 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタック25・芸人大会 | トップページ | 吉本再婚芸人 »