« 気温の差 | トップページ | イン・ザ・ムード/グレン・ミラー・オーケストラ »

2007年9月22日 (土)

M-1グランプリ2007

今年で7回目を迎えるM-1グランプリ
今月1日より予選がスタートしました。決勝戦は現時点で詳細未定となっていますが、例年同様、12月25日に行われる可能性が高いです。
昨年はチュートリアルの優勝で幕を閉じました。果たして、今年はどのコンビが栄光の座を勝ち取るのでしょうか?

今年の決勝戦出場者を予想すると、まず笑い飯と麒麟が出てくるのは確実でしょう。
それ以外の出場者はトータルテンボス、ザ・プラン9、アジアンなどでしょうか。うーむ、全部を予想するのは困難であります。

毎年、予選にはユニークなコンビが出場するのも恒例となっています。スポニチデイリー両スポーツ新聞の記者が結成した異色の漫才コンビ「スポニチ・デイリー」や、島木譲二・池乃めだかの吉本新喜劇コンビ「くまさん・ねこさん」、カンニング・竹山と山崎邦正の「竹山崎」などがいい例です。
残念ながらこれらのコンビはいずれも準決勝前に敗退しています。ネームバリューではなく実力が一番重視されるという証拠でしょうね。

さて、決勝戦当日、テレビ画面に映るコンビの顔ぶれは…?

12月23日追記:
本年度のM-1グランプリの優勝者はサンドウィッチマン(フラットファイブ所属)でした。
今回は何と敗者復活戦から決勝に進み、見事優勝を決めたというまさに「夢見心地」(サンドウィッチマン・伊達が優勝者インタビューで放った台詞)な結果となりました。

|

« 気温の差 | トップページ | イン・ザ・ムード/グレン・ミラー・オーケストラ »

お笑い」カテゴリの記事

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気温の差 | トップページ | イン・ザ・ムード/グレン・ミラー・オーケストラ »