« シャープチャージ | トップページ | いいもんですね~ »

2007年9月 7日 (金)

青森ねぶた殺人事件

ただいま、西村京太郎の新刊『青森ねぶた祭り殺人事件』(文春文庫)を読んでいる最中です。
タイトル通り、物語の舞台は青森です。ねぶた祭に使われる大太鼓の中から死体が発見されたことから物語は始まります。
本作の主人公は西村ファンにとってお馴染みの警視庁捜査一課の十津川警部です。果たして十津川は、本作ではどのような推理で事件を解決に導くのでしょうか。

ここ数年間に、文春文庫より刊行された西村作品はご当地のお祭りが舞台となっています。例をあげれば京都の祇園祭、鎌倉の流鏑馬神事など。どの作品かは忘れましたが、十津川警部が犯人に要求されて女装する展開がありました。
可能だったら、その作品をドラマ化してほしいなぁ。となると、渡瀬恒彦もしくは高橋英樹(両者ともドラマで十津川警部を演じている)が女装することになります。これはちょっと面白いかも?

今月も読みたい新刊が目白押しです。早く読まないと…。

|

« シャープチャージ | トップページ | いいもんですね~ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シャープチャージ | トップページ | いいもんですね~ »