« 本ブログ訪問者の皆様へ | トップページ | ヘッドホン »

2007年10月28日 (日)

CD鑑賞記 季節の旅人 ~春・夏・秋・冬~/松山千春

ようやく気持ちの整理が付きましたので、本日からブログ更新を再開いたします。
今回は私と同じ北海道出身で、10年以上ファンである歌手・松山千春のベストアルバム『季節の旅人 ~春・夏・秋・冬~』を紹介します。
本作は2001年にデビュー25周年を記念して発売された豪華四枚組ベストアルバムです。選曲は千春自身が行い、題字も本人が直筆、貴重な写真が多数掲載されているブックレット封入など、まさに"豪華"という言葉がぴったり当てはまるアルバムとなっています。
収録内容は四枚組かつ千春自身の選曲ということもあり、ややマニアックな構成といえるかもしれません。個人的に、本作発売の5年前(1996年)にデビュー20周年を記念して発売された二枚組ベストアルバム『風景』の方が、初心者入門編としておすすめできると思います。
とはいえ、本作でしか聴けない「恋」、「長い夜」の新録音が聴けるのはファンにとって涙モノ。一方で千春最大のヒット曲「季節の中で」は本作に未収録となっています(『風景』には収録されている)。

本作は先述した通り四枚組で、それぞれ季節にちなんだ楽曲が収められています。この中で最も気に入っているのはDISC:1の「春」です。ドラマの主題歌として大ヒットした「君を忘れない」や、デビューアルバムのタイトル曲「君のために作った歌」、千春自身が出演して話題を呼んだ映画『極道戦争―武闘派―』(1991年公開・東映系)の主題歌である「純 ―愛する者たちへ―」など、「本当に最高だ!」としか言いようがないほど魅力にみちた選曲となっています。

千春のファンになって早10年以上が経過しましたが、まだ一度も彼の故郷である北海道足寄町を訪れたことがありません。一度は訪れたいのですが、なかなか機会がなくて…。
でもいつかは実現させたいですね。千春の実家に掲げられている肖像画を一度生で見てみたいから。
そしてライブにも行きたいですが、こちらの方が足寄町に行くよりはるかに難しいでしょう。千春のライブはチケットが非常に取りづらいことで有名です。

松山千春公式サイトはこちらです。

|

« 本ブログ訪問者の皆様へ | トップページ | ヘッドホン »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

チケットはファンクラブに入れば、
入手可能ですよん。
僕も数年前まで入会してました。
生で「電話」を聴けた日は感動モノでしたね。

最近はおしゃべりが主流で、
曲数が少なくなって来てるのが残念です。
1曲でも多く歌って欲しいのに・・・。

投稿: よっぴー | 2007年10月29日 (月) 01時25分

>よっぴーさん
ファンクラブといえば「千春を見守る会」ですね。そうかぁ、ファンクラブに入らないとライブは見れないのか…。

よっぴーさんの指摘する通り、確かにこの方はMCが多いです。
東ではこの方、西ではやしきたかじんが最もMCが長いのではないでしょうか。

投稿: てつ | 2007年10月29日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本ブログ訪問者の皆様へ | トップページ | ヘッドホン »