« 新ブログパーツ追加のお知らせ | トップページ | いわゆる「問題児」 »

2007年10月 8日 (月)

DVD鑑賞記 バイオハザード(映画)

1996年、カプコンから発売され大ヒットを記録したバイオレンスアクションゲーム『バイオハザード』。カプコンの代表作として、現在も新作が作られ続けている大人気ゲームシリーズです。
同ゲームソフトは2002年に映画化されました(余談ながら映画化が発表されたのは97年で、映画公開まで実に5年かかったことになります)。以降、映画版も好評を博し、今年11月3日に第三弾が公開されます。その公開記念として第一弾・第二弾のDVDの廉価版が今月3日に発売されました。というわけで、早速第一弾のDVDを入手しました。
第一弾のあらすじを簡単に記しておきます。

巨大企業アンブレラ社が地中深くに作り上げた秘密研究所ハイブ。ここで開発中のウィルスが何者かの手によって空気中に漏洩した。メインコンピューターは汚染が地上に拡大するのを防ぐために研究所を閉鎖。これによってすべての所員の生命が失われた。アンブレラ社は特殊部隊を派遣するが、ハイブに侵入した彼らを待っていたのは、ウィルスがもたらした戦慄すべき光景だった…!

観終わった感想として、ありきたりですが「うーむ、凄い」。基本的にストーリーはゲーム本編とは違う映画版オリジナルですが、ゲーム版第一弾・第二弾の要素がふんだんに盛り込まれていました。実際にゲームをプレイした人なら、映画版にすぐ馴染めると思います。
何より「凄い!」と思ったのがゾンビを演じる役者さんです。完全に狂気じみており、執拗に人間を襲おうとする表情・仕種は、下手な役者ではできないと思います。
そしてボリュームたっぷりの特典映像も本DVDの魅力の一つです。メイキング映像や出演者・スタッフのインタビューの他、ゲームヒストリーも収められています。すっかりゲーム版とはご無沙汰していた私にとって、ゲーム映像を久しぶりに見れたのはとてもうれしかったです。
これだけの収録内容にも関わらず、わずか1500円で入手できるのは非常に有難いです(笑)。いずれ第二弾のDVDも入手する予定です。第三弾は実際に劇場に観に行けるでしょうか。ちょっとスケジュール調整しないといけないなぁ。

|

« 新ブログパーツ追加のお知らせ | トップページ | いわゆる「問題児」 »

洋画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
廉価版をよく買われますね?いいことです(笑)私は映画館に見に行かないのでDVDはいつも予約して高いのを買っています。まあ何度も見るから損した気はしてないから問題はありません(笑)
バイオ2も続けてみてくださいね。ジルが出てきますよ。舞台はバイオ2と3の世界観だと思いますから、ゲームやった人ならさらにオススメです。

投稿: REALLIFE | 2007年10月13日 (土) 22時15分

>RREALLIFEさん
昨日『2』のDVDを買いました。確かにジルが出てきましたね。
『2』の方がゲーム版に近いストーリーでしたので、より馴染み易かったです。
『3』にも期待できますねー。

投稿: てつ | 2007年10月13日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新ブログパーツ追加のお知らせ | トップページ | いわゆる「問題児」 »