« 金曜日と日曜日のテンション | トップページ | 松田優作の遺作『ブラック・レイン』 »

2008年1月19日 (土)

横山やすし13回忌追悼ウィーク

本日は今年最初のNGK観覧でした。
今週は「横山やすし13回忌追悼ウィーク」と題して、やすしさんと関連の深い芸人さんが多数出演されています。主な出演者はやすしさんの相方だった西川きよし師匠、やすしさんの次女・木村ひかりさん(漫才コンビ・さゆみひかりとして出演)など。また今週上演されている吉本新喜劇のタイトルは「毎度!横山や」(主演は吉田ヒロさん)。タイトル通り、やすしさんの姿を描いたストーリーです。
いざ劇場に行って舞台を見てみると、かなり力を入れているなーと実感しました。きよし師匠の舞台を見れる機会は劇場ではなかなかないだけに、とても貴重だと思います。新喜劇においても、大御所の作家が作・演出を手がけております。やすしさんを演じたヒロさんのプレッシャーは多大なものだったと思われます。
やすしさんの命日は「追悼ウィーク」最終日の21日です。最終日は何かしらサプライズがあるのでしょうか。

なお、今月から三カ月連続で生前のやすしさんの映像を収録したDVDが発売されることになっており、その第一弾が一部の店舗で先行発売されました。劇場前で即売会をやっていた他、タワーレコード難波店ではやすしさんが実際に舞台で着用したた衣装が展示されておりました。
やすしさんの存在の大きさが窺い知れると言えるでしょう。

舞台観覧終了後に、ちょっと飲みに行ってきました。飲みに行ったお店で本日の舞台に出演されていた芸人さんとお会いしたので、「舞台お疲れ様でした」と声を掛けておきました。

|

« 金曜日と日曜日のテンション | トップページ | 松田優作の遺作『ブラック・レイン』 »

お笑い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜日と日曜日のテンション | トップページ | 松田優作の遺作『ブラック・レイン』 »