« 凄い話だ… | トップページ | FUNKY SAX NIGHT »

2008年1月26日 (土)

元祖天才バカボン

1975年から約二年間に渡って放送されたテレビアニメ『元祖天才バカボン』(日本テレビ系)。
本作はアニメ版『天才バカボン』の第二弾で、『バカボン』の人気を決定付けました。後に制作された『平成天才バカボン』(フジテレビ系)は、『元祖』の事実上のリメイク版です。もともと『平成』が制作されたきっかけは、『元祖』の再放送が高視聴率を獲得し、バカボン人気が再燃したためでした。
私が見た『バカボン』のアニメは『平成』のみでそれ以外を知らなかったため、「この機会に他のバカボンも見ておこう」と思い、『元祖』のDVDを借りてきました。借りたDVDは『元祖』の記念すべき第一巻。計12話というボリュームたっぷりの内容でした。
ここで異なるのはメインキャラクターの声優陣。慣れ親しんだ『平成』とは顔ぶれが全く違っていたため、見た当初は違和感がありましたが、話が進むにつれて自然に違和感はなくなっていきました。何より放送されていた1970年代は私はまだ生まれていません。その当時のアニメをこうしてDVDで見ることができるのは、本当にいい時代になったと思っております(笑)。

やはりバカボンのパパは破天荒です。バカボンが友人から預かった魚を勝手に焼いて食べてしまったり、望遠鏡に熱中するあまり家の二階から落ちてしまったりととにかく行動が滅茶苦茶です。まぁそれがこのアニメの売りなんですけど(笑)。
なお、『元祖』におけるパパの声優は故・雨森雅司さんです。彼が逝去したのは本放送終了から7年後の1984年です。後にパパ役は富田耕生さん、小倉久寛さんに引き継がれました。
往年のファンは「パパ=雨森さん」というイメージが強いようです。私のイメージは「パパ=富田さん(『平成』のパパ役)」で、だからこそ最初『元祖』を見た時に違和感があったのでした。

バカボンのアニメを全て見るのはかなり大変でしょうが、気長に見ていきたいと思います。実はもう一つDVDを借りて見ているアニメ(『ルパン三世』)があり、こちらもボリュームがかなりあるので全て見るのは非常に難しいと思われます…。

今年のマイブームは「昔のアニメ」かもしれません(苦笑)。

|

« 凄い話だ… | トップページ | FUNKY SAX NIGHT »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 凄い話だ… | トップページ | FUNKY SAX NIGHT »