« 覚せい剤がなくなる日は… | トップページ | 屋台のラーメン »

2008年2月 7日 (木)

2月13日以降注意!

職業柄、パソコン雑誌を読む機会が多いです。
今日、何気なく日経パソコンの最新号を読んでいると興味深い記事がありました。同雑誌の公式サイトにも載ってましたので、URLを以下に記します。

「強制的にはインストールされない」――徹底解説「IE7の自動更新」
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20080204/292897/?ST=pc_news&set=ranking

記事によりますと、2月13日以降、WindowsUpdateの機能により自動的にInternet Explorer(以下、IEと略します)の最新バージョンへのアップデートを促すメッセージが出力されるとのことです。
現在のIEの最新バージョンは「7」です。まだほとんどの方は「6」を使っているのではないかと思います。
はっきり言って「6」と「7」では、外観がかなり異なります。長年、「6」に慣れ親しんできたユーザーは、戸惑いがあると思われます。まぁ、使いこなせるようになれば、その戸惑いは解消されるのですが(経験談)。
最も今回のアップデートはあくまでインストールを促すだけで、強制的にインストールはされません。まだまだ「IE6」を使いたいという方は、アップデートのメッセージを無視すればよいのです。

なお、今回の記事はIEを使ってないユーザーには全く関係のない話でしたhappy01

|

« 覚せい剤がなくなる日は… | トップページ | 屋台のラーメン »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

私は既にIE7だけど、確かにIE6とは違いますね。
けど、IE7もちょっと問題があって一度インストールしなおしました。
また、セキュリティ強化しているせいか、いちいち引っかかってIE6ほどすんなり行かないのが難点ですね(TT)。

投稿: HM-JHONNY | 2008年2月 8日 (金) 11時57分

>HM-JOHNNYさん
「インストールがうまくいかない」よくある話ですね。セキュリティを強化するのは結構ですが、逆にがんじがらめになっていたりして…。

投稿: てつ | 2008年2月 9日 (土) 10時06分

マイクロソフトの製品はいつもツメが甘いcrying

投稿: ひで | 2008年2月 9日 (土) 12時38分

>ひでさん
おっしゃる通りです。
更新プログラムが毎月発表されるということは欠陥が多いという証拠ですもんねー。
世に知られているだけに攻撃するユーザーも多いのでしょう。

投稿: てつ | 2008年2月 9日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 覚せい剤がなくなる日は… | トップページ | 屋台のラーメン »