« 名指しの実体験 | トップページ | 快晴の休日出勤 »

2008年2月10日 (日)

最初の住居

2月も半ばにさしかかっています。
そろそろ不動産業者や引っ越し業者が忙しくなる時期ではないでしょうか。3月から4月にかけて引っ越しが多くなるために。
時期が時期なのでそうなるのは仕方ありません。

これまで私が経験した引っ越しは計5回ありますが、いわゆる3~4月の「引っ越しシーズン」に引っ越した経験は一回だけです。6年前に上京した時が唯一の「引っ越しシーズン」中の引っ越しでした。
最初の住居は埼玉県川越市に存在しました。そこが初めて一人暮らしをした部屋ということになります。決して会社の寮ではないですが、ほぼ寮と同じでした。何しろアパートの18棟全てに同期の社員が入居しているのですから。
やっぱり18人もいれば数人ちょっとクセのある者がいました。他人の私生活を覗き見したり、変なイタズラをしてみたり…と。まだ学生気分が抜け切っていなかったわけですね。もちろんそれ私自身にも言えたことですが(苦笑)。
入居から二ヶ月後、大阪への異動が決まったため、その部屋は退室しました。あれから6年が経過しています。現在もそこに住んでいる社員は居るのでしょうか。もうかなり入れ替わっているだろうなぁと思います。

二年程前にかつての住居を訪れるという企画を立てて、大阪市平野区と兵庫県宝塚市を訪問しましたが、まだ川越訪問は実現していません。大阪から距離があるために実現できていないわけですが、いつかは実現させたいですね。

|

« 名指しの実体験 | トップページ | 快晴の休日出勤 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名指しの実体験 | トップページ | 快晴の休日出勤 »