« 久しぶりにチン電に乗ってきました | トップページ | 某金融機関への警告 »

2008年2月25日 (月)

氷点下は珍しい?

朝の天気予報で大阪の最低気温は「-1℃」となっておりました。
実際に一部の町は氷点下になったのでしょうね。確かに今日は非常に寒かったです。昨日同様、よく見ると雪が舞っていたし…。
大阪で気温が氷点下になるのは珍しい方でしょうか。故郷・北海道は雪国なので氷点下は当たり前でしたがcoldsweats01時には最高気温でも氷点下になることもありました。
もう何回思ったかなぁ、「よくそんな寒い地域に20年も居たとは」。今となっては信じられませんねぇ。

昨日買った松山千春のCDに入っている北海道の冬を歌った曲(例:「大空と大地の中で」、「寒い夜」など)を聴いて、尚更そう思いました。
幸いに明日は今日より気温が三度ほどあがるようですので、今日みたいに「寒い!」と思わなくていいかもしれません。ただ天気はrainらしい…。それはそれで厄介ですthink

|

« 久しぶりにチン電に乗ってきました | トップページ | 某金融機関への警告 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大阪でマイナスの気温は珍しいですね。
奈良県や滋賀県では毎度なんでしょうが。。。
「朝、霜が降りていた」が挨拶なんで。。。

投稿: ひで | 2008年2月25日 (月) 22時58分

>ひでさん
やっぱり珍しいですか。
山に近い町は氷点下を記録してもおかしくないですよね。
そういえば滋賀県ってまだ行ったことないなぁ…

投稿: てつ | 2008年2月26日 (火) 19時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにチン電に乗ってきました | トップページ | 某金融機関への警告 »