« 阪神梅田駅の改札口 | トップページ | 今年もハイペースで »

2008年3月 2日 (日)

ジャズ入門アルバム

4年前に大野雄二トリオの『LUPIN THE THIRD JAZZ』シリーズを聴いて以来、ジャズに興味を持つようになりました。
以降、数多くのジャズのCDを聴いてきましたが、今回はそれらの中で入門編として最適なアイテムを紹介したいと思います。
「ジャズに興味はあるが、まだほとんど聴いたことがない」という方が少しでも参考になればという余計な心遣いであります(苦笑)。

JAZZで聴く桑田 佳祐作品集
タイトル通り、桑田佳祐が作曲した楽曲をジャズ・アレンジで演奏した企画盤です。編曲は神山純一氏で演奏はトーマス・ハーデン・トリオ。サザンオールスターズならびに桑田ソロ作品の中から厳選した全30曲を、おしゃれなジャズ・バージョンで楽しむことができます。
個人的に「HOTEL PACIFIC」が好きです。サビの部分のピアノがとても心地よいです。神山氏いわく「桑田佳祐作品は優れたメロディーが多く、その才能に驚くばかり」とのこと。30年にわたって第一線で活躍している理由がよく分かりますねぇ。



スウィング・ジャズ
グレン・ミラー・オーケストラ、ベニー・グッドマン、シャープス&フラッツ、トミー・ドーシー楽団の楽曲からそれぞれ5曲ずつ選曲して構成されたオムニバス・アルバムです。初回発売は1988年で、以降何度も再発売されています。
スウィング・ジャズの草創期の名曲がズラリと並んでおり、同ジャンルの真骨頂ともいえるロマンチックなムードが漂っています。個人的に好きなのはグレン・ミラーの「イン・ザ・ムード」とベニー・グッドマンの「シング・シング・シング」。またジャズのスタンダードとしてあまりにも有名な「A列車で行こう」(演奏はシャープス&フラッツ)も収録されています。
スウィング・ジャズそしてムード音楽を楽しむのに最適なアルバムです。


CAFE RELAXIN' LUPIN
毎年夏に放送される『ルパン三世TVスペシャル』にて使われた楽曲、そして大野雄二トリオのオリジナル・アルバム収録曲から厳選された全13曲を収録した企画アルバム。タイトル通り、リラックスにもってこいのCDです。
お馴染みの「ルパン三世のテーマ」がジャズ・バージョンで収録されています。人気アニメに使われた楽曲だけに親しみやすいと思います。同系統のアルバムとして『Night Steamin' LUPIN』も発売されてます。


以上の三枚が私の選ぶ「ジャズ入門アルバム」です。

|

« 阪神梅田駅の改札口 | トップページ | 今年もハイペースで »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

>JAZZで聴く桑田 佳祐作品集
知っている曲をジャズで聞くというのはなかなか
いいですねえ!

投稿: ひで | 2008年3月 3日 (月) 08時16分

>ひでさん
ぜひこちらのCDを聴いてみてください。
満足していただけると思いますので。

投稿: てつ | 2008年3月 3日 (月) 21時00分

スウィングガールズとかいう学園ものの映画
ありませんでした??
スウィングという単語で思い出しました。

投稿: ひで | 2008年3月 3日 (月) 21時41分

>ひでさん
その映画で沢山スウィングジャズの名曲が聴けるみたいです。DVDとサントラ盤をチェックしてみてはいかがですか?

投稿: てつ | 2008年3月 3日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪神梅田駅の改札口 | トップページ | 今年もハイペースで »