« 難波で硫化水素事件発生 | トップページ | 野球観戦記 オリックス―西武 »

2008年5月 8日 (木)

CD鑑賞記 バトル・ジャズ―ビッグバンド・アルティメット高速チューン/オムニバス

2006年8月にBMG JAPANよりリリースされたオムニバス『バトル・ジャズ―ビッグバンド・アルティメット高速チューン』。タイトル通り、ビッグバンド・ジャズのナンバーを集めたコンピレーションアルバムです。
"ビッグバンド"とは、大人数編成のバンドにて演奏されるジャズのことを指します。サックス、トランペット、トロンボーンのセクションとリズム隊(ギター、キーボード、ベース、ドラムス)で編成されます。詳細はこちらをご覧ください。
"高速チェーン"とタイトルにあるように、スピード感のあるナンバーが勢揃いしています。けたたましいドラム演奏から始まる曲もあれば、バラード調の出だしから一転してパワフルなホーン・セクションがメロディを奏でる曲もあります。収録アーティストはカウント・ベイシー、ギル・エヴァンスといった海外アーティストから、秋吉敏子、渡辺貞夫ら日本人アーティストの曲も収められています。
収録されている14曲の中で最も印象に残ったのはトーキョー・アンサンブル・ラボの「NICA'S DREAM」です。同バンドは角松敏生が呼びかけて結成された幻のバンドで、これまでにアルバムを二枚リリースしています。そのうちの一曲が「NICA'S DREAM」なのです。どことなく角松らしい都会的な雰囲気が漂っています。他、秋吉敏子の曲もなかなかのものでした。

これだけ盛りだくさんな内容にも関わらず、本作は1890円という良心的な価格で入手することができます。本作は好評を博したのか、第二弾もリリースされています。第二弾もいずれの機会に入手したいと思います。

本作も過去に紹介した『<COLEZO!>スイング・ジャズ』などと同様に、ジャズ入門編として最適なアイテムです。

|

« 難波で硫化水素事件発生 | トップページ | 野球観戦記 オリックス―西武 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 難波で硫化水素事件発生 | トップページ | 野球観戦記 オリックス―西武 »