« 原作本を買ってきました | トップページ | OAクリーナー推奨メーカー »

2008年7月 5日 (土)

CD鑑賞記 木枯しに抱かれて/松山千春

1980年11月に発売された松山千春のアルバム『木枯しに抱かれて』。
千春にとって6枚目のオリジナル・アルバムである本作。当時、千春の人気は全盛期で本作は大ヒット。見事、オリコン・チャートのアルバム部門第一位を獲得しています。
タイトル曲「木枯しに抱かれて」を筆頭に、一見素朴ながらスケールアップされた楽曲に圧倒されます。このアルバムの中でお気に入りの曲は「涙の向こうに」、「木枯しに抱かれて」、「私の明日には」、「炎」の4曲。特に「炎」はファンの間でも人気の高い曲で、テレビ番組で披露されたこともあります(その時の映像はこちら)。
全曲作詞・作曲は千春自身で、編曲は大原茂人が手掛けています。大原氏の名アレンジも必聴です。
本作は1993年にCD化されました。CD化の際に、LPのライナーノーツに掲載されていたアーティスト写真がほとんど削除されてしまったのが残念です。今となってはかなり貴重な写真なので…。
なお、CD化にあたって、新たに解説文が書かれております。こちらはLP版には掲載されてないCD版オリジナルの文章ですので、そういう部分ではこちらも貴重であります。その解説文は千春の公式サイトで読むことができますので、興味のある方はこちらをどうぞ。

多くの方がご存知の通り、千春は現在不安定狭心症の治療のため、歌手活動を休止しています。全快を祈りながら、このアルバムを聴いております。

|

« 原作本を買ってきました | トップページ | OAクリーナー推奨メーカー »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

体が丈夫そうに見えてもいろいろあるんだ。。。

投稿: ひで | 2008年7月 6日 (日) 23時12分

>ひでさん
千春は糖尿病であることに加えて、大のヘビースモーカーだったのでそれが災いしたようです。過去には自律神経失調症も患ってます。
繊細な身体なのでしょう。

投稿: てつ | 2008年7月 7日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原作本を買ってきました | トップページ | OAクリーナー推奨メーカー »