« パイプ・カン | トップページ | 「殺人ルート」シリーズ »

2008年8月23日 (土)

待望の再発売決定/柳ジョージ&レイニー・ウッド

1970年代に活躍したロック・バンド、柳ジョージ&レイニー・ウッド。
81年12月19日の日本武道館公演を最後に解散しますが、2005年4月に一夜限りの復活、さらには今年7月には「FUJI ROCK FESTIVAL'08」に出演するなど、今後の展開に注目が集まっています。

活動中に彼らが残したオリジナル・アルバムは7作、ライブ・アルバムは2作と合計9作となります。そのうちの5作はバーボン・レコード、残りの4作はアトランティック・レーベルから発売されました。
05年11月・12月にインディーズ・レーベル、Vivid Soundよりアトランティック・レーベル時代の4作が再発売されました。そして今年9月・10月には、バーボン・レコード時代のアルバムも再発売されることになっております。
今年、再発売されるバーボン・レコード時代のアルバムの中に、長年「幻のアルバム」とされてきたライブ・アルバム『ROAD SHOW』が含まれています。このことを知った時は「遂に再発売されるのか!」と喜びました。
『ROAD SHOW』は80年9月に発売された二枚組ライブ・アルバムです。「雨に泣いてる」、「酔って候」などの代表曲のほか、フロントマン・柳ジョージが敬愛するR&Bのカバー曲も収録されています。このうちの一曲「カンサス・シティ」はビートルズも演奏しているロックナンバーで、柳の渋いボーカルとメンバーによるハイレベルな演奏が相まって、絶妙なハーモニーを奏でています。

このライブ・アルバムは一度CD化されているものの、ほとんど世に流通しておらず、入手困難となっておりました。他のオリジナル・アルバムは再発売されるのに、なぜ『ROAD SHOW』は再発売されないのかと不思議に思っていたファンも多いのではないでしょうか。
20年程前に発売されたレイニー・ウッドのベストアルバム『DIAMOND COLLECTION』に、『ROAD SHOW』の音源である「カンサス・シティ」が収録されています。『DIAMOND COLLECTION』を聴くたびに、必ず「カンサス・シティ」を聴いておりました。ただ発売当時はまだCDを聴ける環境が自宅になく、カセットテープでの購入でした。今となっては「CDで買えばよかった」と後悔しております。
後に『ROAD SHOW』、『DIAMOND COLLECTION』共に廃盤となり、『ROAD SHOW』の音源はもう正規の形で聴けないのかと半分諦めておりました。それだけに再発売を知った時は、本当に嬉しかったですねぇ。

肝心の再発売日は10月15日と平日なので、レコード店に買いに行けそうにありません。なので、ネット通販のアマゾンを利用するつもりです。

なお、『ROAD SHOW』以外に再発売されるオリジナル・アルバム4作も必聴です。これらのアルバムは、当時の音楽界に衝撃を与えたそうですが、「確かにその通りだろうな」と納得できます。柳のボーカルやバンドの音楽性は、当時の日本の音楽界になかったものでしたでしょうから…。

何はともあれ、10月15日が楽しみですhappy01

|

« パイプ・カン | トップページ | 「殺人ルート」シリーズ »

「音楽」カテゴリの記事