« お疲れ様でした、王監督 | トップページ | 第二弾も予約完了 »

2008年9月26日 (金)

CD鑑賞記 ROCK'N ROLL/矢沢永吉

日本のロック界のスーパースター、矢沢永吉。音楽シーンに多大な功績を残し、現在もなお走り続ける永遠のロックン・ローラーです。
今回紹介する『ROCK'N ROLL』は1988年3月に発売されたベストアルバムで、タイトル通りロック・ナンバーのみ厳選収録したものです。80年から88年まで矢沢はワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)に在籍、本作はワーナー時代の集大成とも言えるでしょう。
トップに収録されている「東京ナイト」を筆頭に、エンジン全開のロックン・ロール・ナンバーを堪能できます。コンサートの定番である「逃亡者」、「苦い雨」、「止まらないHa~Ha」、全米でも発売され、米ビルボード紙に推薦された「ROCKIN'MY HEAET」、キャロル時代のリメイク曲「ホープ」など、名曲がズラリと並んでいます。
本作と同時発売されたベストアルバムがもう一枚あり、そちらのタイトルは『BALLAD』。タイトルから分かる通り、こちらはバラードのみ収めたアルバムです。この二枚で「ワーナー時代の矢沢の軌跡を辿る」ことができるでしょう。
前述した通り、本作は88年に発売されました。ちょうど20年前のアルバムということになりますが、今聴いても新鮮です。80年代ロックの真骨頂を味わってもらえると思います。

矢沢は来年還暦を迎えます。還暦を控えて充電中なのか、今年はコンサート活動を行わないことを明言しています。それまでは旧作で凌ぐしかないですねぇ。

矢沢永吉公式サイトはこちらです。

|

« お疲れ様でした、王監督 | トップページ | 第二弾も予約完了 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お疲れ様でした、王監督 | トップページ | 第二弾も予約完了 »