« 実はピンではない芸人さん達 | トップページ | 沈黙シリーズ廉価版一挙発売 »

2008年9月 2日 (火)

プロ野球「無頼派」選手読本

2006年6月に刊行された『プロ野球スキャンダル事件史』以来、宝島社文庫より続々プロ野球の本が刊行されております。
刊行されるたびに入手しておりますが、先月にまた新たなプロ野球の本を入手しました。タイトルは『プロ野球「無頼派」選手読本』で野茂英雄、イチローら最近の選手を始め、江夏豊、張本勲など往年の名選手も取り上げられています。本作のコンセプトは「プロ野球選手が背負った数々の"宿命と呪縛"の物語」です。
今日入手したばかりなので、まだ1ページも読んでおりませんが、背表紙の解説文を見る限り期待できる内容となっております。というか、宝島社より刊行されているプロ野球の本にまず"外れ"はありませんhappy01

なお、今月はこちらも刊行されるたびに読んでいる野球評論家・近藤唯之氏の新刊『プロ野球 運命の引き際』(PHP文庫)が刊行されます。近藤氏の新刊は約3年ぶりとなるはずで、こちらも楽しみにしております。

|

« 実はピンではない芸人さん達 | トップページ | 沈黙シリーズ廉価版一挙発売 »

「スポーツ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実はピンではない芸人さん達 | トップページ | 沈黙シリーズ廉価版一挙発売 »