« 岡田監督の知られざる栄光 | トップページ | 画像変換フリーソフト »

2008年10月21日 (火)

『ゴルゴ13』実写版DVD入手

1973年12月に公開された『ゴルゴ13』(東映系)。人気劇画の実写版です。
主演はゴルゴ13のモデルともなった高倉健。舞台はイランで、健さん以外の出演俳優は全て外国人となっています。そして外国人俳優の台詞は、全て日本語吹き替えがされているという稀な映画でもあります。原作者のさいとう・たかを自ら脚本を手がけています。
ゴルゴの設定はほぼ原作と一緒です。利き手を他人に預けない、背後に立たれると反射的に殴り飛ばす、決して拷問に屈しないなど原作と同じ特徴が随所に出てきます。これらの描写はファンにとって嬉しい要素だったのではないでしょうか。
冒頭からラストまで終始、緊迫した空気が流れています。特に銃撃戦の場面はより一層緊迫感が高く、思わず手に汗握る展開ばかりです。ラストにおける最大の標的を撃ち殺す場面が一番印象に残りました。

今年で実写版が公開されてちょうど35年が経過しました。これまでビデオ化はされたことがありますが、DVDとなるのは今回が初です。
実写版がDVD発売となった背景には、今年の春から『ゴルゴ13』がアニメ化されたことが要因だろうと推測しています。この機会に実写版も見てもらおうという、製作会社の意図があるのではないでしょうか。
私としてはアニメ版より実写版の方に興味があったので、実写版のDVD発売が決まった時は飛び上がらんばかりに喜んだものです
そして今日そのDVDが届き、早速鑑賞しました。予想を上回る面白さに満足しました。

なお、実写版は77年にも公開されています。そちらの主演は千葉真一で、原作よりもアクションの要素が強いのだとか。こちらもいずれは観なくてはいけないと思ってます。

DVDの詳細を知りたい方は、以下のバナーをクリックしてください。

|

« 岡田監督の知られざる栄光 | トップページ | 画像変換フリーソフト »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 岡田監督の知られざる栄光 | トップページ | 画像変換フリーソフト »