« 住ノ江駅で定期券購入 | トップページ | ネットゲーム「モアイまわし」 »

2008年10月13日 (月)

後任の行方は?

世の野球ファンがご存知の通り、阪神タイガースの岡田彰布監督が今季限りでの辞任を表明しました。
球団はこれまでの実績を高く買っており、賢明な遺留に務めていましたが、本人は辞意を撤回するつもりがなく、事実上辞任が決定したそうです。
今季は終盤まで独走態勢に入っていました。「もう優勝は確実」の状況だったのもつかの間、巨人の猛追に屈する結末となりました。それだけに岡田監督が「辞める」決心をしたのもやむを得ないかもしれません。

岡田監督の辞任により、誰が監督の後を引き継ぐのか、世の野球ファンは注目していると思われます。今日のスポニチの記事によると、平田薫2軍監督、木戸克彦作戦兼バッテリーコーチ、広沢克己打撃コーチら現役首脳陣の他に、真弓明信、田淵幸一ら阪神OBの名前も挙がっているとか。個人的に田淵氏の就任はあり得ないと思います。なぜなら彼は過去に監督として失敗しているし、本人も「自分は監督の器ではない」と発言しているからです。となると、やはり現役首脳陣の中から選ばれるのかなぁ。
これは後任が決まるまでずっと注目される話題となるでしょう。

岡田監督時代の阪神の成績は4位、1位、2位、3位、2位。一度Bクラスを経験しているとはいえ、10数年前の暗黒時代を振り返れば十分合格点が与えられる成績です。だからこそ球団も必死に遺留をしているのでしょうね。

果たして来年、監督のユニフォームを着ているのはどなたになるのでしょうか…。

|

« 住ノ江駅で定期券購入 | トップページ | ネットゲーム「モアイまわし」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 住ノ江駅で定期券購入 | トップページ | ネットゲーム「モアイまわし」 »