« CD鑑賞記 ザ・パワー・ステーション/ザ・パワー・ステーション | トップページ | 『相棒』第7シーズン始動 »

2008年10月 6日 (月)

注目の映画『旅立ち~足寄より~』

11月22日に北海道にて先行上映される映画『旅立ち~足寄より~』。北海道出身の歌手・松山千春の自伝『足寄より』を映画化したものです。
『足寄より』は1979年に小学館より刊行されました。後に絶版となりましたが、2006年にデビュー30周年を記念して復刊。現在も入手可能です。生い立ちから歌手デビューまでの軌跡、家族や恩師への思いを赤裸々に綴った内容となっています。
映画も自伝とほぼ同じ内容で、若き日の千春を演ずるのは大東俊介。ほか、千春の父・松山明を泉谷しげるが、恩師・竹田健二を萩原聖人が演じています。果たしてどんな仕上がりになっているのでしょうか。
私の住む関西地区での公開はまだ未定となってますが、公開が決まったらぜひとも観に行きたいです。

すでに映画のサントラ盤が発売されており、ジャケットにはこれまた若き日の千春の写真が使われています。公開までの予習(?)として、このサントラ盤を入手しておかないといけないですねぇ。

|

« CD鑑賞記 ザ・パワー・ステーション/ザ・パワー・ステーション | トップページ | 『相棒』第7シーズン始動 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 ザ・パワー・ステーション/ザ・パワー・ステーション | トップページ | 『相棒』第7シーズン始動 »