« 舞台鑑賞記 風にさすらう親子草 | トップページ | 目薬「サンテFXネオ」 »

2008年11月10日 (月)

チャンバラトリオ・前田竹千代さん逝く

今日の朝、残念なニュースが入りました。
お笑いユニット・チャンバラトリオの前田竹千代さんが胃がんのため、急逝されたのです。

詳細:
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2008/11/10/11.html

まだ55歳の若さでした。記事によると昨年9月に胃がんと診断され、以降入退院を繰り返していたとか。何度も生の舞台を拝見しているだけに、残念な気持ちでいっぱいです。
竹千代さんはもともとはチャンバラトリオの弟子で、漫才コンビを経て1994年にチャンバラトリオの正式メンバーとなりました。舞台では「上様」役かつハリセンにて叩かれる役でありました。舞台上で「上様」と呼ばれると、「うるさい!"上様"、"上様"と人を領収書みたいに」と返すのです。この返しに客席がドッと沸きかえるのが定番でした。また長ゼリフを噛んで「なー!」と逆ギレしたり、観客に「今日、皆様(観客)とお会いできたことをなーんとも思っておりません」と悪態をつくなども"お約束"でした。
私が竹千代さんの姿を最後に拝見したのは今年3月、大阪のなんばグランド花月にて上演された時代劇コメディ『よいではないか5』でした。すでに胃がんの宣告を受けたあとで、今思えばかなりやつれていたような気がします。本当は舞台に出ることができない状態だったのかもしれません。それでも舞台に上がったのは、「芸人魂」の表れでしょうか。
あれからわずか8ヵ月で竹千代さんはこの世を去りました。

本当に面白い芸人だったと思います。謹んでご冥福をお祈りします。

|

« 舞台鑑賞記 風にさすらう親子草 | トップページ | 目薬「サンテFXネオ」 »

お笑い」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

竹千代さんって前田五郎さんの弟子でもあったはずですが...しかし、残念ですね。よくNGKに出演されていたのに....

投稿: アメママン | 2008年11月10日 (月) 22時20分

>アメママンさん
正確に言えば、竹千代さんの相方さんが前田五郎師匠の弟子です。竹千代さんはあくまでチャンバラトリオの弟子で、五郎師匠の相方さんとコンビを組むために「前田」の屋号を受け継いだのです。よって五郎師匠とは師弟の関係はないんですよ。
竹千代さんの逝去は本当に残念です。あの独特の話術がもう見れないのかと思うと悲しい…。

投稿: てつ | 2008年11月11日 (火) 21時11分

芸能人の人って無理な生活がたたるのか短命な人が多い。。。

投稿: ひで | 2008年11月11日 (火) 22時30分

>ひでさん
必ずしも短命とは思いませんが、一般人と違ってメディアに取り上げられるのでそう思うのかもしれませんね。
それにしても55は若すぎる…。

投稿: てつ | 2008年11月12日 (水) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舞台鑑賞記 風にさすらう親子草 | トップページ | 目薬「サンテFXネオ」 »