« ようやく第二秘書が復活 | トップページ | WRC2009、いよいよ開幕 »

2009年1月28日 (水)

パソコンの画面表示を変える

WindowsVistaを使い始めて、二年近く経ちます。
使い始めた当初から、画面表示のテーマを「Windowsスタンダード」にしています。この設定で画面がWindowsMe/2000のデザインとなります。
私は仕事でWindows2000を使うことが多く、普段から2000に慣れ親しんでいました。そのためVista搭載マシンを買って、すぐに同デザインに設定しました。Vista従来のテーマでは使いづらいと感じたので…。
私だけでなく、WindowsMe以前のOSを使っていた方々は、XPやVistaの画面に違和感を感じたのではないでしょうか。そのような方々に「画面表示を変更できる」ということを教えてあげたいと思い、今回の記事執筆につながりました。
以下にXP/Vistaそれぞれの画面表示変更の方法を記します。

【XP】
①デスクトップ上の何もないところで「右クリック」 ⇒ 「プロパティ」を選択

②「画面のプロパティ」 ⇒ 「テーマ」タブをクリック

③「テーマ」のメニューより、「Windowsクラシック」を選択して、[OK]ボタンを押す。

【Vista】
①デスクトップ上の何もないところで「右クリック」 ⇒ 「個人設定」を選択

②「個人設定」 ⇒ 「ウィンドウの色とデザイン」タブをクリック

③「配色」から「Windowsスタンダード」を選択し、[OK]ボタンを押す
(他に「Windowsクラシック」も選択可能。こちらはWindows95/98の画面表示となります)


以上です。
少しでも多くの方々に参考になることを心から願います。

|

« ようやく第二秘書が復活 | トップページ | WRC2009、いよいよ開幕 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

時々変えると気分転換になりますねえ。

投稿: ひで | 2009年1月28日 (水) 22時53分

>ひでさん
テーマ変更は気分転換になるのと同時に、場合によってはデスクトップのアイコンが一斉にバラバラになってしまうことに要注意ですね。
一回それをやって失敗したことがあったので、それ以降は慎重にテーマ変更を行っています。

投稿: てつ | 2009年1月29日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく第二秘書が復活 | トップページ | WRC2009、いよいよ開幕 »