« CD鑑賞記 E.Y.90'S/矢沢永吉 | トップページ | 『相棒』スリム版発売まであと二日 »

2009年3月15日 (日)

四週続けてM-1ファイナリストが出演

毎週日曜日に欠かさず観ている演芸番組『笑点』(日本テレビ系)。
この番組は前半が演芸コーナー、後半が大喜利という構成になっています。演芸コーナーは古今東西、様々な芸人が出演し、番組に彩りを添えています。かつてはベテラン芸人の出演が定番となっていましたが、ここ数年の間に若手芸人も出演するようになりました。
ここ一ヶ月間、演芸コーナーに出演するのはM-1グランプリのファイナリスト(決勝戦出場者)ばかりです。例えば今日の出演者はますだおかだでした。彼らは2002年度の優勝者です。次週はU字工事(2008決勝戦出場者)が出演予定です。
前週はオードリー(2008決勝戦出場者)、前々週はブラックマヨネーズ(2005優勝者)が出演しました。つまり4周続けてM-1ファイナリストが出演するのです。偶然とはいえ、かなり稀な出来事ですね。
前述したように、演芸コーナーは多種多様な芸人が出演していますが、落語家の出演は昔と比べて少なくなっている傾向にあります。その代り、コントや漫才の芸人が多く登場するようになりました。
これも時代の流れでしょうか。なかなか落語を地上波(特に民放)で観る機会はありませんから。その証拠に私は大阪に来るまで、笑福亭仁鶴師匠や桂文珍師匠の落語を観たことがなかったです。

少し話がズレましたが、四週続けてM-1のファイナリストを観ることができるのは幸運であります。U字工事のあとも、M-1ファイナリストが出演するとしたら、さらに幸運ですねhappy01

|

« CD鑑賞記 E.Y.90'S/矢沢永吉 | トップページ | 『相棒』スリム版発売まであと二日 »

お笑い」カテゴリの記事

バラエティ番組」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 E.Y.90'S/矢沢永吉 | トップページ | 『相棒』スリム版発売まであと二日 »