« ふるさと自慢:北海道滝川市編 | トップページ | いかりや長介復活! »

2009年4月12日 (日)

ゴリラ・警視庁捜査第8斑

1989年4月から一年間、テレビ朝日系にて放送された『ゴリラ・警視庁捜査第8斑』。テレビ朝日・石原プロモーション制作の刑事ドラマです。
石原プロ制作とあって、渡哲也、舘ひろし、神田正輝ら同プロダクション所属の俳優が勢揃い。その他にも谷啓、仲村トオルといった個性的な俳優が出演していました。
石原プロとテレビ朝日の共同制作のドラマといえば、『西部警察』があまりにも有名ですが、本作はその『西部警察』のスピンオフ的な存在でした(下記のオープニング映像においても『西部警察』を彷彿とさせる構成です)。放送当時、すでに故人となっていた石原裕次郎も「遺影」という形で出演していました。
『西部警察』の流れを汲んでいるともあって、当初はアクションシーン中心のドラマでしたが、徐々に人情ものの展開になっていき、視聴率が低迷。結果、一年で放送は終了となりました。
あまり知名度は高くありませんが、それでもドラマの熱狂的なファンは多く、DVD化のリクエストも少なからずあるようです。が、現時点で絶大な人気を博した『西部警察』ですらDVD化されていないため、こちらのDVD化の可能性はさらに低いと思われます。

本作の特徴としてあげられるのがドラマ本編で使用された魅力的な音楽の数々。井上大輔、鈴木雄大、シング・ライク・トーキングなどが楽曲を提供しています。そのどれもが秀逸でサントラ盤も三枚発売されています。
以下はドラマのオープニング映像です。オープニング・テーマは出演者の舘ひろしが作曲しました。実際に見てもらえばわかると思いますが、エネルギッシュかつタイトな音楽で、ドラマへの期待感を高める役を担っています。

私もサントラ盤を持っていましたが、カセットテープでの購入だったため、いずれCDで買い直したいと思っています。DVDと共にサントラ盤の復刻のリクエストもあるようです。
DVD化は難しいとしても、サントラ盤の復刻は容易なのではないでしょうか。むしろこちらの方が可能性があるかもしれません。

『ゴリラ・警視庁捜査第8斑』の記念すべき第一話は、台湾・フィリピンでロケを行ったハード・アクション・ドラマでした。原田芳雄演じるテロリストがとてもいい味を出していたことを覚えています(余談ながら原田は『西部警察』の最終話にもテロリスト役として出演しています)。全話は不可能としても、このエピソードだけでいいからDVD化してくれないかなぁ。

|

« ふるさと自慢:北海道滝川市編 | トップページ | いかりや長介復活! »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

だんだん人情物に転がっていったというのが(笑)ですね
西部警察の2番煎じなんですね。

投稿: ひで | 2009年4月14日 (火) 23時52分

>ひでさん
残念ながら『西部警察』より視聴率は下がりましたが、決してドラマ自体の完成度は低くなかったと思います。色々試行錯誤しすぎて失敗したんでしょうねぇ。

投稿: てつ | 2009年4月15日 (水) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふるさと自慢:北海道滝川市編 | トップページ | いかりや長介復活! »