« 大阪の名物土産になるか? | トップページ | ふるさと自慢:北海道滝川市編 »

2009年4月10日 (金)

CD鑑賞記 横浜ソウルブルース/オムニバス

2004年1月に発売された『横浜ソウルブルース』。横浜をテーマとした楽曲を集めたコンピレーションアルバムです。
松田優作のブルージーな歌声が印象的な「YOKOHAMA HONKY TONK BLUES」を筆頭に全14曲が収録されていますが、特に好んで聴いているのは舘ひろしの「冷たい太陽」と柴田恭兵の「横浜DAYBREAK」。前者は舘・柴田主演で人気を博したテレビドラマ『あぶない刑事』の主題歌、後者は柴田と仲村トオル主演のテレビドラマ『勝手にしやがれ ヘイ!ブラザー』の主題歌でした(共に放送局は日本テレビで、制作はセントラル・アーツ)。この他、平山みきの「ヨコスカ・マドンナ」、青江三奈の「伊勢佐木町ブルース」など魅力的な楽曲が満載となっています。保母大三郎の個性的な解説文や横浜の風景写真を収めたライナーノーツも必見です。

私が本作を買った理由は、前述の「冷たい太陽」を聴きたかったからです。発売当時、同曲は正規で聴くことができなかったため、収録されていることを知った時はとても喜びました。「横浜DAYBREAK」は本作で初めて聴きましたが、柴田の独特な歌唱に魅かれました。
買って本当に良かったと思っておりますhappy01

余談ですが、本作が発売される数か月前に『大阪ソウルバラード』というオムニバスが発売されております。『大阪~』は関西を中心に大ヒットしました。いわば本作『横浜ソウルブルース』はその姉妹盤ともいえるでしょう。ただ『大阪~』ほどヒットしなかったようですが…。
『大阪~』のヒット以降、『横浜』『北海道』といったようにご当地の名曲を集めたオムニバスが発売されるようになりました。『大阪~』が音楽界に与えた影響は大きいと思います。

|

« 大阪の名物土産になるか? | トップページ | ふるさと自慢:北海道滝川市編 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪の名物土産になるか? | トップページ | ふるさと自慢:北海道滝川市編 »