« ウイルスソフトを体験版でテスト中 | トップページ | 生活用品へのこだわり »

2009年4月 5日 (日)

映画『鑑識・米沢守の事件簿』鑑賞会

昨日の話ですが、映画『鑑識・米沢守の事件簿』をなんばパークスシネマで鑑賞してきました。本映画は人気ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)のスピンオフ作品です。
あらすじは以下の通りです。

爆弾テロ予告が起こった東京ビッグシティマラソン。鑑識課員の米沢(六角精児)は、マラソン大会の参加者の中に自分の逃げた女房を見つける。特命係の右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)がテロの犯人を追う中、米沢は逃げた女房と思われる女性の死体が発見されたという知らせを受けるが…
(Yahoo!映画より抜粋)

本映画は昨年5月に公開された『相棒―劇場版―』とストーリーが繋がっています。なので、『相棒―劇場版―』を観られた方はすぐストーリーが理解できたと思います。
詳しくはネタバレになるので書きませんが、『相棒―劇場版―』同様にラストに衝撃の結末が待っているとだけ書いておきましょう。その衝撃度はどう考えても本映画の方が高いはずです。
主役の米沢とその相棒役・相原刑事(演:萩原聖人)の出番がほとんどで、その他の『相棒』レギュラー陣はチョイ役となっています。本編の主役である杉下右京(演:水谷豊)、亀山薫(演:寺脇康文)もワンカットの出番ばかりで台詞が全くありません。ラストでようやく台詞がある程度です。
『相棒』のスピンオフとはいえ、十分満足できる映画でありました。今後も『相棒』本編およびスピンオフの映画制作を期待したいと思います。

なお、本映画のエンドロールの後に、"特報"と題されたミニムービーが追加されています。これから本映画を観ようと思っている方でエンドロール中に席を立つ習慣がある方はお気を付けください。見逃したら後悔しますよ

今回の鑑賞会には友人のひでき氏が同行されました。ひでき氏も満足されたようで安心しました。

ひでさん、次回もよろしくお願いします。

|

« ウイルスソフトを体験版でテスト中 | トップページ | 生活用品へのこだわり »

邦画」カテゴリの記事

コメント

今回は大満足でございますヽ(´▽`)/

投稿: ひで | 2009年4月 5日 (日) 13時14分

>ひでさん
こちらも大満足でした。
次回の『ターミネーター4』も大満足だったら嬉しいですね。

投稿: てつ | 2009年4月 6日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイルスソフトを体験版でテスト中 | トップページ | 生活用品へのこだわり »