« CD鑑賞記 浪漫/松山千春 | トップページ | 新しいUSB扇風機購入 »

2009年4月25日 (土)

山村美紗に捧げる小説

1996年に亡くなったミステリー作家・山村美紗さん。
日本のアガサ・クリスティ(海外の著名なミステリー作家)と呼ばれた彼女の特徴は、出身地の京都府を舞台とした小説が数多いことです。また「キャサリン」、「祇園舞妓 小菊」などの個性的なキャラクターを主人公としたシリーズもよく知られています。
その山村さんの盟友というべき人物がいます。こちらもミステリー作家の巨匠である西村京太郎氏。彼と山村さんの関係は友人の範囲を超えた仲だったと言われています。もっともこれは愛人関係(山村さんは既婚、西村氏は独身)ではありません。あくまで非常に気が合った仲であると言えます。
山村さん亡き後、西村氏は未完だった山村さんの小説を二作完結させています(『在原業平殺人事件』と『龍野武者行列殺人事件』)。また2000年には山村さんをモデルとした小説『女流作家』を上梓、06年にはその続編である『華の棺』が上梓されています。
『華の棺』が今月文庫化されたばかりで、現在その本を読み進めている最中です。「これが山村美紗の生きざまだったのか」と感心しながら読んでおります。とてもドラマティックな生涯を送られたようです。

興味がある方はぜひ『女流作家』と『華の棺』を読んでみてください。

山村さんの公式サイト:
http://www.m-yamamura.co.jp/

西村氏の公式サイト:
http://www.i-younet.ne.jp/~kyotaro/

|

« CD鑑賞記 浪漫/松山千春 | トップページ | 新しいUSB扇風機購入 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 浪漫/松山千春 | トップページ | 新しいUSB扇風機購入 »