« 6月は『ターミネーター』の話題が満載 | トップページ | 『日曜笑劇場』の歴史 »

2009年5月26日 (火)

松本サリン事件がドラマ化

6月27日にフジテレビ系で放送される『実録・松本サリン事件~妻よ、母よ…犯人と“疑われた”家族 闘いと絆の15年~』(現時点で仮題となっています)。文字通り、松本サリン事件を取り上げたもので、ドラマとドキュメンタリーで構成されています。
多くの方がご存知だと思いますが、この事件は冤罪事件としても知られています。今回放送されるドラマとドキュメンタリーではその冤罪に焦点を当てています。当初、容疑者扱いされた河野義行さんとその家族の闘いと絆を描いています。

松本サリン事件をテーマとした映像作品は、2001年に劇場公開された映画『日本の黒い夏―冤罪―』(監督:熊井啓)がありますが、テレビドラマとなるのは本作が初。ドラマにて河野さんを演じるのは石黒賢で、その夫人役を松下由樹が演じます。社会性をテーマとした作品なので、シリアスな展開が続くと思われます。

二年程前に河野さんが浅野健一氏と共に著した『松本サリン事件報道の罪と罰』を読んで以来、松本サリン事件に感心を寄せるようになりました。こうして特集した番組がまた放送されるとあって、とても興味深いです。
6月27日は午後9時からテレビにかじりついていると思います。

|

« 6月は『ターミネーター』の話題が満載 | トップページ | 『日曜笑劇場』の歴史 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

以前何かの番組でやっていたのですが、河野さんは、サリン事件を起こした元犯人(出所した人)とずっと交流を続けているそうです。刑務所の中で勉強した庭木の剪定作業を時々やってもらっているそうです。
なかなかできないことです。
罪を憎んで人を憎まずということを仰っていました。

投稿: ひで | 2009年5月27日 (水) 23時05分

>ひでさん
その話は自著に書かれてましたね。
基本的に実行犯のオウム幹部たちを「さん」づけで呼ぶそうですし。
河野さんはとても客観的で冷静な視点ですよね。マネできないです。

投稿: てつ | 2009年5月28日 (木) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月は『ターミネーター』の話題が満載 | トップページ | 『日曜笑劇場』の歴史 »