« 北の京芦別 | トップページ | 映画『ターミネーター4』鑑賞会 »

2009年6月12日 (金)

CD鑑賞記 GANG OF CHICKENSHACK/オムニバス

1985年に結成されたフュージョン・グループ「チキンシャック」(91年活動停止)。ソウル・ミュージックをベースとした音楽で、多くのフュージョン・ファンを魅了しました。
彼らが在籍したレコード会社はトライエムでした。今回紹介する『GANG OF CHICKENSHACK』は同社に遺されたチキンシャックのメンバーのソロ作品および関連ミュージシャンの音源を集めたものです。チキンシャックのリーダーだった土岐英史の「SHORT STORY」を筆頭に全14曲を収録。そのどれもが心地よく、ブルージーな雰囲気に浸ることができます。
中でも3曲収録されているタイロン橋本のナンバーは秀逸です。日本人離れしたボーカルは素晴らしいです。この歌声だからこそ、この歌を完璧に歌いこなせるのだなと納得できます。
ラストを飾る「FLOWERS FOR LENA」はチキンシャックの代表曲で、まさにラスト・ナンバーにふさわしい名曲です。本作の余韻に浸るにはもってこいのナンバーでしょう。

本作は2005年1月に発売。「Slow LifeなオトナのLullaby」がキャッチコピーの『COZY LIVING』シリーズの中の一作でした(他に5作同時発売されています)。
当時から現在に至るまで他では聞けない曲ばかりの貴重な音源集です。これだけ盛りだくさんな内容に関わらず、定価は1800円と良心的な値段です。
ややマニアックな部類に入りますが、音楽ファンならば誰もが楽しめるアルバムのはずです。

|

« 北の京芦別 | トップページ | 映画『ターミネーター4』鑑賞会 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

↑ジャケットが渋いですね。
ジャケ買いなんていう言葉がありますが、
買ってしまいそうですね。

投稿: ひで | 2009年6月13日 (土) 22時32分

>ひでさん
「オトナ向け」の音楽なので、こういう写真がぴったりです。
このアルバム以外のシリーズも、似たようなジャケットですね。

投稿: てつ | 2009年6月13日 (土) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北の京芦別 | トップページ | 映画『ターミネーター4』鑑賞会 »