« 追悼:三沢光晴さん | トップページ | Office2007オールドスタイルメニュー »

2009年6月15日 (月)

ルパンVS複製人間

今月19日に『金曜ロードショー』(日本テレビ系)にて放映される『ルパン三世 ルパンVS複製人間』。人気アニメ『ルパン三世』の記念すべき劇場版第一弾で、1978年に公開されました。
これまでに少なくとも20回以上はテレビ放映されているでしょう。同じく『ルパン』の劇場版である『カリオストロの城』(こちらは第二弾で79年に公開)より、放映回数が多いはずです。
「複製人間」と題されているように、今作のルパン一味の敵はクローン人間のマモー。ジャンルとしてはSFになります。公開当時はSFアニメが大流行していたので、その流れに沿って制作されたのでしょう。
本映画の特徴といえば、ゲスト声優陣が異色であること。俳優(西村晃)、漫画家(赤塚不二夫、梶原一騎)、歌手(三波春夫)など、声優ではない人たちがゲスト出演しているのです。今考えると、凄いアニメ映画ですねー。

私が初めて『ルパン』のアニメに触れたのは、おそらくこの映画だったと思います。好きな場面は次元がゴードンに対し、「フリチンとかいうのはおめえか」と凄むところでしょうかhappy01また序盤のカーチェイスシーンもお気に入りでしたね。
またこの映画は、「大人向け」として制作されたので、お色気シーンが多いのも特徴です。それらの場面を含めて、本映画には現代では好ましくない表現があるため、テレビ放映時に削除されるシーンが複数あります。19日の放映でも同じように削除されているはずです。
なお、DVD版は完全ノーカットです。完全版で観たい方はそちらをご覧ください。

『ルパンVS複製人間』は間違いなく日本のアニメ史上に残る傑作映画です。これぞ何度見ても楽しめる映画と言えるでしょう。今年も放送されるので、嬉しい限りです。しばらくこの映画から遠ざかっていたので、久しぶりに見直そうと思っていますhappy01

|

« 追悼:三沢光晴さん | トップページ | Office2007オールドスタイルメニュー »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

邦画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追悼:三沢光晴さん | トップページ | Office2007オールドスタイルメニュー »