« 新しいパジャマ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »

2009年7月11日 (土)

CD鑑賞記 水に祈りて/喜多郎

日本のニューエイジ・ミュージックの第一人者であり、国際的に活躍するシンセサイザー奏者・喜多郎。NHK特集『シルクロード』の音楽を担当して、一躍その名が知れ渡ることとなりました。
『シルクロード』以降、喜多郎の音楽はNHKの番組でよく使用されるようになりました。今回紹介する『水に祈りて』に収録されている曲も、NHKで放送された『にんげんドキュメント 喜多郎~長良川を奏でる』で使用されたものです。
タイトル曲の「水に祈りて」を筆頭に、ミッキー・ハートとの共同プロデュースアルバムのタイトル曲「ザ・ライト・オブ・ザ・スピリット」、グラミー賞受賞作『シンキング・オブ・ユー』に収録されている「ストリーム」、和太鼓一つでメロディを奏でている「雫の舞」…いずれも心を癒してくれるヒーリング・サウンドとなっています。
ラストは「シルクロード」。喜多郎の代表曲ですが、オリジナルバージョンではありません。おそらくこのアルバムのために新録音されたものと推測してますが、詳細は不明です。

ライナーノーツに掲載されている長良川およびその周辺の風景写真は、喜多郎自身が撮影したものです("Music & Photo by kitaro"の記載あり)。こちらと併せて音楽を聴けば、より一層心が癒されると思います。

本作は2002年にココロネットワークスより発売され、04年にコロムビアミュージックエンタテインメントより再発売されました。その後、前述の『ザ・ライト・オブ・ザ・スピリット』なども再発売され、改めて喜多郎の音楽が高く評価された形となります。

喜多郎は今年9月に約2年ぶりの新作『インプレッションズ』を発売予定です。こちらも高い評価を受けると思われます。
まだまだ創作意欲およびその音楽的才能は衰えそうにないですね。

|

« 新しいパジャマ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しいパジャマ | トップページ | 安藤忠雄建築展 »