« バルコニーから犬が吠える | トップページ | 映画『ナイトミュージアム2』鑑賞会 »

2009年8月13日 (木)

『相棒』で怪奇現象発見?

今日からお盆休みに入りました。
初日である本日は、数日前に届いた『相棒』シーズン2のDVDをずっと観ていました。3枚計6話を鑑賞。全て面白かったので、大満足ですhappy01
ただ一つ気になることがありました。それは第6話の「殺してくれとアイツは言った」です。主人公の杉下右京(演:水谷豊)と亀山薫(演:寺脇康文)が、小説家を護衛するために小説家の自宅に張り込むのですが、その最中に右京と薫の後方に何やら人影が映るシーンがあるのです。決して見間違えではなく、はっきりと映っていました。後方から誰か登場するのか?と思っていたのですが、結局誰も登場しないまま次の場面に移りました。
うーむ、あの人影は何だったのか…。もしかしたら怪奇現象ではないか?と思ったぐらいです。

おそらくあれは怪奇現象ではなく、右京と薫に代わって小説家の護衛を務めることになった警察官の姿が偶然映ってしまったと思われます。気になる方は該当のエピソードをご覧になって確認してください。

『相棒』シーズン2は全21話あり、まだ観ていないエピソードは13話あります。全て観終わるまでもうしばらくかかりそうです。

シーズン2の詳細はこちらをご覧ください。

|

« バルコニーから犬が吠える | トップページ | 映画『ナイトミュージアム2』鑑賞会 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

ひとつ怖い話をしますと、ドラマの撮影でよく使われる"ハウススタジオ(撮影用の家)"って事故物件(自殺、殺人で住み手がなくなった家)が多いそうです。とある映画監督曰く、人死のないハウススタジオはない!らしい。。。(合掌)

投稿: ひで | 2009年8月13日 (木) 23時44分

>ひでさん
撮影用の家にそんな裏話があったのですか…。
霊感の強い役者さんやスタッフはさぞ大変でしょうねぇ。

投稿: てつ | 2009年8月14日 (金) 13時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バルコニーから犬が吠える | トップページ | 映画『ナイトミュージアム2』鑑賞会 »