« 難波駅に設置されたドライミスト | トップページ | 安否が気遣われます »

2009年8月 3日 (月)

特ネタ!フリテンくん

             001
二か月ぶりにコンビニコミックスを買ってきました。
買ったのは植田まさし原作の『フリテンくん』で、『特ネタ!』と題されています。こちらも『かりあげクン』や『コボちゃん』と並ぶ植田氏の代表作です。
『フリテンくん』と題されているように、主人公は「フリテンくん」ですが、基本的に登場人物は一定していません。様々な人物が登場するオムニバス漫画となっています。
登場人物の大半は、どことなく他の植田作品の主人公や登場人物に似たキャラクターです。例えば「主婦」と題した4コマは、亭主のパンツを箸でつまむ女房がいるという話を聞いたサラリーマンがお返しとして女房のパンツを箸でつまむというオチです。この4コマの主役は、植田氏の代表作である『おとぼけ課長』の主人公・おとぼけパパに似た風貌です。他では「墓参り」に登場するサラリーマンは『かりあげクン』の登場人物・木村課長にそっくりです。ある意味、植田作品の集大成とも言えるかもしれません。

『フリテンくん』を読むのは10数年ぶりです。いくつか見覚えのある4コマがあり、懐かしかったです。
すでに『フリテンくん』の連載は終わっているようですが、現在も新装版で単行本が刊行され続けているそうです。この漫画のヒットで、出版元の竹書房から4コマ漫画専門誌が創刊されるきっかけとなり、「現在の竹書房のビルは『フリテンくん』の売り上げで建っている」という都市伝説も生まれたのです。
これらのことから、日本の漫画界における植田氏の功績は計り知れないものだということがよく分かりますねぇ。

こちらの『特ネタ!フリテンくん』も楽しく読ませてもらいましたhappy01今後もコンビニコミックスを続々刊行してほしいです。竹書房さん、よろしくsmile

|

« 難波駅に設置されたドライミスト | トップページ | 安否が気遣われます »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 難波駅に設置されたドライミスト | トップページ | 安否が気遣われます »