« 梅田スカイビルでスーパードライを飲み干す | トップページ | CD鑑賞記 プレミアム・ベスト/柳ジョージ »

2009年8月28日 (金)

『監督たちの戦い』続編を希望

2001年3月に日経ビジネス人文庫より上下巻で刊行された『監督たちの戦い』(浜田昭八著)。歴代のプロ野球監督計16人を取り上げ、彼らの軌跡を辿る本です。
刊行当時、すぐにこの本を購入。緻密な取材と豊富なデータで興味深く読ませていただきました。刊行から8年経過した現在、取り上げられた監督たちはほとんど現役を引退しています。今も現役なのは野村克也(現・東北楽天イーグルス監督)ぐらいです。

著者の浜田氏にこの本の続編をぜひとも執筆してほしいと思っているのですが、今のところ刊行される見込みはないですねぇ。今の現役監督で取り上げるとしたなら、原辰徳(巨人)、落合博満(中日)、梨田昌孝(日本ハム)かな?いずれも優勝監督で、チームを立て直すことに成功したからです。浜田氏の視点からは、彼らはどのように見えていたのか、興味深いなぁ。

これまでプロ野球関係の本は30冊近く読んでますが、何度も何度も繰り返し読んだのは『監督たちの戦い』が最多です。続編が出版されたら、即座に購入すると思います。

なお、『監督たちの戦い』は現在絶版です。これも非常に惜しいことです。秀逸なスポーツノンフィクションの傑作なのに…。

|

« 梅田スカイビルでスーパードライを飲み干す | トップページ | CD鑑賞記 プレミアム・ベスト/柳ジョージ »

「スポーツ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅田スカイビルでスーパードライを飲み干す | トップページ | CD鑑賞記 プレミアム・ベスト/柳ジョージ »