« すでに前科者だった宅八郎 | トップページ | Windows7搭載機の使い心地 »

2009年10月24日 (土)

CD鑑賞記 俺たちのメロディー/オムニバス

2002年10月にインディーズ・レーベルより発売されたコンピレーション『俺たちのメロディー』。1970年代に人気を博したドラマやアニメの主題歌・挿入歌を集めたものです。
低価格かつバラエティに富んだ内容が好評を博し、第5弾まで発売されました。
記念すべき第1弾は『太陽にほえろ!』のオープニング・テーマ(大野克夫)を筆頭に、『探偵物語』の主題歌「Bad City」とエンディングテーマ「Lonely Man」(共に歌唱はSHOGUN)、『ルパン三世』の挿入歌「ラブ・スコール」(サンドラ・ホーン)、『西遊記』の主題歌「ガンダーラ」(ゴダイゴ)など全13曲が収録されています。聴きたい曲が多数入っていたので、レコード店で見つけた時は歓喜しました。即座に購入してしまったぐらいです。
で、実際に聴いてみて感動しましたねぇ。「まだまだ世の中にはいい音楽が沢山ある」ということに気がつきました。

『俺たちのメロディー』のイメージ・キャラクターは故・松田優作さん。彼が演じたジーパン刑事(『太陽にほえろ!』)や工藤ちゃん(『探偵物語』)の写真がアルバムジャケットに使用されています。全5作とも同様に優作さんの写真が使用されました。
収録されている曲の年代と優作さんが活躍していた時代がほぼ同時期であることが、イメージ・キャラクターに抜擢された理由と推測されます。

なお、第1弾に収録されている曲は、全て日本テレビ系にて放送されたドラマ・アニメのBGMで、他のテレビ局で放送された番組のBGMは一切収録されていません。
第2弾からは他のテレビ局の番組BGM(例:テレビ朝日『西部警察』オープニング・テーマが第2弾に収録)も収録されているので、第1弾の収録内容は意図的なものではなく、ただの偶然であると言えるでしょう。

2005年に第5弾が発売されて以降、『俺たちのメロディー』の新作発売はストップしています。もう新作は発売されないのでしょうか。
それはそれでかなり残念な話ですが…。

とにかくこのコンピレーションシリーズは、とてもクオリティの高い内容です。これは断言できますねhappy01

|

« すでに前科者だった宅八郎 | トップページ | Windows7搭載機の使い心地 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すでに前科者だった宅八郎 | トップページ | Windows7搭載機の使い心地 »