« 久しぶりに『アタック25』を見ました | トップページ | 奈良でも開催:たいぞうさんの個展 »

2009年11月16日 (月)

進化した映像技術

またまた懐かしのCM映像の紹介です。
今回は栄養ドリンクの「新グロモント」(当時は中外製薬が販売、現在はライオンに譲渡されている)です。1997年頃に制作・放送されました。

伝説のアクションスター、ブルース・リーとCGを合成させた映像が評判を呼びました。最後にリーが新グロモントを手に持ってアピールする場面(こちらも合成)が印象的で、当時の新聞広告にもその場面が使用されたと記憶しています。
BGMも含めて、とにかく迫力のある映像です。リーの生前にはなかった技術が駆使されてこそ、完成した映像でしょう。まさに「進化した映像技術」です。

このCMに出演しているブルース・リーは1973年に32歳の若さで逝去。人気絶頂の最中に亡くなったということもあり、今も多くの人にリスペクトされる存在です。そのような経緯から「新グロモント」のCMキャラクターに起用されたのでしょうね。

ブルース・リーについての詳細なプロフィールはこちらをご覧ください。

|

« 久しぶりに『アタック25』を見ました | トップページ | 奈良でも開催:たいぞうさんの個展 »

CM」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりに『アタック25』を見ました | トップページ | 奈良でも開催:たいぞうさんの個展 »