« CD鑑賞記 BOYS ON THE BEACH/TUBE | トップページ | 森千紗花ワールド 灰の中から3億円 »

2009年11月21日 (土)

映画『笑う警官』観賞会

本日はなんばパークスシネマにて映画『笑う警官』を観てきました。
佐々木譲原作のベストセラー本の映画化で、監督は角川春樹。11年ぶりの監督作で、しかも原作がベストセラー本であることから、公開前からかなり注目されていたようです。
あらすじは以下の通りです。

札幌市内のアパートで女性の変死体が発見された。すぐに元交際相手の巡査部長・津久井(宮迫博之)に容疑が掛けられ、異例の射殺命令までも下される。この一連の流れに違和感を感じた所轄の警部補・佐伯(大森南朋)は、信頼できる仲間とともに秘密裏に捜査を行う。やがて、彼らは北海道警察内部に隠された闇に踏み込んでいくが……。
(Yahoo!映画より抜粋)

やや難解な内容ですが、北海道警の内情を緻密に描いている部分は称賛に値します。よくここまで描けたなと感心しました。
一番の特徴は仲間同士で、様々な駆け引きが展開されることでしょうか。共に裏切り、騙し合いをしているので、展開が予測できないというのも特徴の一つです。
この映画の最大の魅力といえるでしょうね。

もうひとつの魅力と言えば、本編中に流れるBGMが全てジャズであること。主役の佐伯刑事自身がサックスを吹く場面があったり、佐伯の仲間たちも同様にジャズを奏でる場面もあります。
これらのBGMを収めたCDは今のところ未発売のようです。もし発売されたら購入を検討しますhappy01耳の肥えたジャズ愛好家でも満足のいく音楽でしたから。

なお、本作は宮迫博之が準主役で、中川家の弟・礼二も脇役として出演しているせいか、彼らが所属している吉本興業の劇場(なんばグランド花月など)においても、予告編が上映されました。
ちなみに角川監督は芸人に疎いため、彼らを芸人とは知らず俳優だと思い込んでいたそうです。

原作者の佐々木氏は、『笑う警官』のヒットにより、以後数々の警察小説の秀作を世に送り出しています。また彼の作品が映画化されることを期待しています。

今回の映画鑑賞会にはおなじみのひでき氏が同行されました。
また次回も楽しみにしております。

|

« CD鑑賞記 BOYS ON THE BEACH/TUBE | トップページ | 森千紗花ワールド 灰の中から3億円 »

邦画」カテゴリの記事

コメント

途中、佐伯刑事の説明が分かりにくかった所が
ありました。ややストーリーが難しいですね。

投稿: ひで | 2009年11月21日 (土) 23時23分

>ひでさん
原作はもっと分かりやすかったと思います。
興味があれば、読んでみてください。
昨日はありがとうございました!

投稿: てつ | 2009年11月22日 (日) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 BOYS ON THE BEACH/TUBE | トップページ | 森千紗花ワールド 灰の中から3億円 »