« ドミノプレッシャー | トップページ | 一年の終わり・2009 »

2009年12月30日 (水)

今年は61冊読みました

今年読んだ本は何冊か数えてみました。
結果は61冊。平均すると、一か月に5冊読んでいることになります。
来年はもうちょっと増やしたいですね。というのも昨年は今年より10冊多い71冊だったので。
何はともあれ、今年は色んな本を読みましたねぇ。

作家別でいうと、西村京太郎と今野敏の本をそれぞれ15冊ずつ読みました。
どちらも本当に面白く、質の高いエンターテイメント小説を発表し続けています。
とりわけ印象深かったのは今野氏の『特殊防諜班』シリーズ。元は1980年代に上梓されたもので、一度はこの世から消えていた作品ですが、今野氏の人気上昇と共に再版されました。このシリーズは計7巻で、再版されているのは5巻目までです。ということはあと2冊、再版されるはずなので、とても楽しみにしていますhappy01

来年、最初に読んでいるのはおそらく西村氏の作品となるはずです。
今月刊行された『十津川警部 四国お遍路殺人ゲーム』(集英社文庫)、『十津川警部 時効なき殺人』(中公文庫)のいずれかになるでしょう。
果たしてどちらを読んでいるでしょうか?

|

« ドミノプレッシャー | トップページ | 一年の終わり・2009 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

昔の作品を現代に焼直しする場合、パソコンとか携帯とか社会環境が変わっているのでちょっと辛いですね。。。

本:事件を目撃したA子さんは慌てて公衆電話ボックスに駆け込みましたが小銭がありません。
そうこうするうちに犯人が追いかけてきました。

読者:なんで携帯からかけないんだろう????

投稿: ひで | 2010年1月 2日 (土) 13時29分

>ひでさん
数年前にドラマ化されたある推理小説はかなり焼き直しされてましたね。
原作とすっかりイメージが変わっていましたよ。
ドラマを見た後に原作を読んだ人は驚いたでしょうねぇ。

投稿: てつ | 2010年1月 2日 (土) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドミノプレッシャー | トップページ | 一年の終わり・2009 »