« CD鑑賞記 安全地帯テーマソングス/オムニバス | トップページ | M-1グランプリ2009、決勝進出者決定! »

2009年12月 6日 (日)

幻のゲーム『猛虎伝説'95』

1995年にスーパーファミコン用ゲームソフトとして発売予定だった『猛虎伝説'95』。これは阪神タイガース公認のゲームソフトで、歴代の阪神の選手が実名で登場(他のチームの選手も実名で登場しますが、登場するのは95年当時の現役選手)し、阪神の過去の名場面を再現したモードや、阪神球団を育てるモードが存在するという、まさに阪神ファン向けのマニアックなゲームソフトでした。
実際のゲーム画面が公開されるまで開発が進んでいたのですが、突如発売中止。ゲーム雑誌にお詫び広告が掲載されたそうです。
ちょうどこのゲームの存在を知った時期に、私はゲーム雑誌を読むのをやめてしまったため、発売中止になっていたことを知りませんでした。てっきり発売されたものとばかり思い込んでおり、時折Yahoo!オークションでこのゲームが出品されてないかチェックしておりました。まさか発売中止になっていたとは…。
開発元の会社はエンジェルとなっていますが、もうこの会社自体存在してなさそうですね。

ところで発売される予定だった95年といえば、阪神にとって暗黒期の真っ只中でした。この年は開幕から成績が低迷し、中村勝広監督が途中休養に追い込まれています。阪神の成績低迷も発売中止の理由だったのでしょうか…。

このゲームの概要については、以下のサイトを参照ください。
http://homepage2.nifty.com/orimda/Creator/Botsu/Bot030.html

|

« CD鑑賞記 安全地帯テーマソングス/オムニバス | トップページ | M-1グランプリ2009、決勝進出者決定! »

「ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 安全地帯テーマソングス/オムニバス | トップページ | M-1グランプリ2009、決勝進出者決定! »