« 元旦も『相棒』を見ます | トップページ | 幻のゲーム『猛虎伝説'95』 »

2009年12月 5日 (土)

CD鑑賞記 安全地帯テーマソングス/オムニバス

1995年に発売された『安全地帯テーマソングス』。安全地帯とメンバーのソロ曲の中から、CM、映画、ドラマに使われた曲を集めたコンピレーションアルバムです。
収録されているのはいずれもタイアップ曲なので、誰もが一度は耳にしたことがある曲ばかりでしょう。安全地帯の曲の中でもっとも有名な「ワインレッドの心」(サントリー赤玉ワインCMソング)を筆頭に二枚組全27曲というボリュームたっぷりの内容となっています。
とりわけ貴重なトラックはホクレン(※)のCMに使われた「地平線を見て育ちました」と矢萩渉の「冒険者」でしょうか。どちらも今ではこのアルバムでしか聴けなくなっております。
※ホクレンとは「ホクレン農業協同組合連合会」の略称で、北海道の経済農業協同組合連合会です。安全地帯のメンバーは全員北海道出身なのでその縁でCMに採用されたのでしょう

ちなみにこのアルバムについて、CDジャーナル誌にて「耳で覚えてる以上に(失礼)ぎょうさん仕事してはりますねぇ」となぜか関西弁で紹介されてます。その言葉通りで、活動歴はさほど長くないのですが、コンピレーションが作られるほどタイアップ曲が多いのは凄いことであります。

なお、私はこのアルバムを昨年入手したのですが、どうやらもう廃盤となっているようです。つい一年ほど前までは、ネット通販のアマゾンで買えたのに…。
もし再発売されるとしたら、リマスタリングしたうえで再発売してほしいですね。

|

« 元旦も『相棒』を見ます | トップページ | 幻のゲーム『猛虎伝説'95』 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 元旦も『相棒』を見ます | トップページ | 幻のゲーム『猛虎伝説'95』 »