« CD鑑賞記 SOLDIER OF FORTUNE/ラウドネス | トップページ | 阪神なんば線開通からもうすぐ一年経過 »

2010年1月31日 (日)

『殺人ルート』シリーズ最新刊

今月刊行された西村京太郎の新刊『日光鬼怒川殺人ルート』(双葉文庫)を読み進めています。
タイトルからわかるように、本作の舞台は日光・鬼怒川です。浅草駅構内のコインロッカーから殺人予告の入った骨壷が見つかり、その予告通り鬼怒川行き特急電車「スペーシア」の中で殺人事件が発生。やがて第二の殺人予告も起こり…というストーリーです。
お馴染みの十津川警部と亀井刑事の他、十津川の元部下である私立探偵・橋本豊も登場します。個人的に彼のキャラクターが好きなので、橋本が登場した時はちょっと嬉しかったですhappy01

西村作品において、『殺人ルート』と題された本は数多いですが、ここ数年はほとんど出ておりませんでした(その代わり『十津川警部 ○○』と題された本が急増しています)。よって、本作は久しぶりの『殺人ルート』シリーズの新刊ということになります。
同シリーズの大半は講談社から刊行されていましたが、本作は双葉社からの刊行となっています。

今年に入ってからも新作を順調に刊行している西村氏ですが、テレビドラマ版の方も好調のようで、2月6日に待望の新作『西村京太郎トラベルミステリー「山形新幹線 つばさ111号の殺人!」』(『土曜ワイド劇場』/テレビ朝日)が放送されます。
こちらも楽しみですねー。

|

« CD鑑賞記 SOLDIER OF FORTUNE/ラウドネス | トップページ | 阪神なんば線開通からもうすぐ一年経過 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CD鑑賞記 SOLDIER OF FORTUNE/ラウドネス | トップページ | 阪神なんば線開通からもうすぐ一年経過 »