« サラリーマン応援小説『膠着』 | トップページ | 俺は、コークだ。松山千春 »

2010年3月13日 (土)

『相棒』の再放送

つい先ほど観終わった『相棒』の再放送。
ほんの四日前に最新シーズンが終わったばかりですが、またも『相棒』を観ることができて嬉しい限りです。
今日再放送されたのはシーズン5の最終話「サザンカの咲く頃」(オリジナル放送日は2007年3月14日)。プログラマーの男が殺された事件を追っていくうちに、国家機密の陰謀が明らかになるというストーリーです。当然のことながら、こちらのエピソードも楽しく観させてもらいました。
ゲスト出演した夏八木勲(警察庁長官・岩佐役)が強く印象に残りました。不敵な笑みを浮かべながら、小野田官房長(演:岸部一徳)とやり合うシーンが強烈でしたね。もちろんこちらのエピソードにおいても杉下右京(演:水谷豊)、亀山薫(演:寺脇康文)が大活躍です。
前述したように、このエピソードはシーズン5の最終話です。よって、右京の相棒はまだ薫なのです(その後任の神戸尊(演:及川光博)はシーズン7最終話より登場します)。
またこちらのエピソードでは、薫の妻である美和子(演:鈴木砂羽)も登場しています。薫ほどではないとはいえ、美和子も主要人物の一人でした。薫と美和子もある意味名コンビでしたから、このコンビが観れなくなったのは寂しいですね。

今後も、今日みたいに運良く『相棒』の再放送を観れる機会があると思います。その時は見逃さないよう注意したいです。

|

« サラリーマン応援小説『膠着』 | トップページ | 俺は、コークだ。松山千春 »

ドラマ(国内)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラリーマン応援小説『膠着』 | トップページ | 俺は、コークだ。松山千春 »