« モスバーガーのポテトが一番美味しいかな? | トップページ | 閉店した闘魂SHOP大阪店 »

2010年4月10日 (土)

CD鑑賞記 BEST SELECTION/上田正樹

1983年のヒット曲「悲しい色やね」で知られる歌手・上田正樹。
もとは関西ローカルで活動していた歌手でしたが、いつのまにやら国際的(特にアジア地区)な評価を得るまでに至っておりました。むしろ日本よりも海外での評価の方が高いかもしれません。
歌手として35年以上のキャリアを持つだけにベストアルバムの種類も豊富です。今回紹介する『BEST SELECTION』は99年に発売されたもので(2006年に廉価版として再発売)、91年から95年まで在籍したパイオニアLDC(現在のジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント)時代の音源から上田自身が選曲した全12曲が収録されています。
往年のヒット曲「悲しい色やね」、「TAKAKO」の新録音バージョンのほか、この時期のヒット曲である「わがまま」、「ずっと遠くで」、さらには洋楽のカバー曲「Brother J.O.」、「IF YOU DON'T KNOW ME BY NOW」などバラエティに富んだ内容となっています。さらにはボーナス・トラックとしてサウス・トゥ・サウス時代の名曲「あこがれの北新地」のライブ・バージョンも収められています。
聴いたことがある方はご存知だと思いますが、「あこがれの北新地」はコテコテの関西弁の歌詞が特徴的です。まさに関西を代表する名曲ですねhappy01

思えば「悲しい色やね」を初めて聴いたのは、大阪に来る半年前だったと記憶しています。
まさかその半年後に「悲しい色やね」の舞台である大阪に住むことになるとは思わなかったなぁ。これも運命だったんでしょうね。
大阪に来るまでは、大阪の歌は「悲しい色やね」しか知りませんでした。その後、数多くの大阪の名曲を知ることができました。今となっては、地元の北海道の歌よりも大阪の歌の方が詳しいと思いますsmile

今も歌手活動を行っている上田ですが、冒頭に記したように現在は日本よりもアジア各国での活動が主流となっているようです。
かつてあるテレビ番組にて「必ずグラミー賞を取ってやる」と熱く語っていたのが印象に残っています。また「自分のピークはまだ来ていない」との発言もありました。
今後の活躍に要注目ですね。

上田正樹公式サイトはこちらです。

|

« モスバーガーのポテトが一番美味しいかな? | トップページ | 閉店した闘魂SHOP大阪店 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モスバーガーのポテトが一番美味しいかな? | トップページ | 閉店した闘魂SHOP大阪店 »