« がっかりだったサスペンスドラマ | トップページ | TBSでまた不祥事発生? »

2010年6月17日 (木)

また発売延期になった模様

2008年3月に講談社より刊行された俳優・萩原健一の自叙伝『ショーケン』。
反逆のカリスマと呼ばれ、様々なスキャンダルを巻き起こした一人の男の真実が描かれています。その生々しい内容から、アマゾンに投稿されたレビューは何と28件に上っています。
さてこの本は今年3月に文庫化される予定でしたが、6月(つまり今月)に延期となりました。今月15日に発売とあって、ワクワクしていたのですが、どうやらまた発売延期となったようです。うーむ、やっぱり文庫化するにふさわしくない内容なのか…。
文庫化されると知った時に、「お、これは読んでおかないと」と思いました。まさか二回も発売延期になるとは予想できなかったです。なんかこのまま文庫化されることは永遠になくなりそうです。できることなら、そうなってほしくないけどcoldsweats01

05年に恐喝未遂容疑で逮捕されて以来、表舞台から姿を消しているショーケンですが、徐々に活動を再開しています。
完全復活は近いのかな?また表舞台に出てきてくれることを期待しています。

|

« がっかりだったサスペンスドラマ | トップページ | TBSでまた不祥事発生? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« がっかりだったサスペンスドラマ | トップページ | TBSでまた不祥事発生? »